キトサンを摂るなら青汁!優れた健康効果が実感できる

青汁 キトサン

健康食品として人気の青汁には多くの種類があります。

最近では、原料野菜の栄養素とは別に健康効果のある成分が配合された商品も販売されていて、選ぶだけでも一苦労。

そんな中、多くの人から注目を集めているのが、豊富な健康効果を持つキトサン配合の青汁です。

キトサン配合の青汁を飲めば、健康的な体づくりが目指せます。その効果について知るために、まずはキトサンについて詳しく見ていきましょう。

そもそもキトサンってどんなもの?

キトサンとは?

数多くの健康効果が期待できることで注目を集めているキトサンは、食物繊維のひとつです。

食物繊維と聞くと、野菜に豊富に含まれるというイメージがあります。

しかし、キトサンはカニやエビの殻、イカの骨格などに含まれるキチンという物質から抽出された、動物性の食物繊維です。

動物性食物繊維のキトサンには他の食物繊維にはない、プラスイオンを含むという性質があります。

キトサンはこの性質で、体に蓄積されているダイオキシンやプリン体、放射性物質や重金属などの、マイナスイオンを持つ有害物質を吸着して体の外へ排出してくれます。

この働きがコレステロール値を下げるという、最も広く知られているキトサンの効果にも繋がるのです。

キトサンのコレステロール値を低下させる効果を知る前に、まずはコレステロールについて詳しく見ていきましょう。

コレステロールは危険なものなの?

キトサン コレステロール

コレステロールと聞くと体に悪いものというイメージを持っている人が多いかもしれません。

しかし、コレステロールは細胞膜を構成したり、さまざまなホルモンの成分になるなど、人の体を作る上で欠かすことができない脂質のひとつです。

しかし、過剰に摂取されたコレステロールは血管の内壁に溜まってしまい、血液の流れを悪くします。

さらに、内壁にコレステロールが溜まることで血管が分厚くなり、弾力が失われる動脈硬化を引き起こします。

硬くなった血管は少しの刺激で破れやすくなり、脳卒中や心筋梗塞といった命に関わる病気に繋がるのです。

コレステロール値が高くなる主な原因は食生活の乱れです。

野菜をあまり食べず、チーズやバターなどの乳製品や肉類ばかりの偏った食生活を送っていると、コレステロール値が上がってしまいます。

乳製品や肉類には、コレステロールの合成を促して増加させる飽和性脂肪酸が多く含まれているからです。

以上の原因からも分かるように、コレステロール値を下げるには、飽和脂肪酸の多い乳製品や肉類を控えてバランスの摂れた食事を心がける必要があります。

しかし、習慣化された食生活を見直すのは簡単なことではありません。

そこで、コレステロール値を下げる働きがあるキトサンを効率力良く摂り入れられる青汁を選ぶといいでしょう。

コレステロール値を低下させる働き

青汁で摂り入れたキトサンは、体の中でどのような働きをしてコレステロール値を下げてくれるのでしょうか。

プラスイオンを持つキトサンは、肝臓でコレステロールにより合成される、マイナスイオン性質の胆汁酸を吸着して体外に排出する働きがあります。

胆汁酸が外に排出されると、体は胆汁酸を一定量に保つため、新たに生成を始めます。

その際に血液中のコレステロールが原料として多量に使われます。ですから、自然とコレステロール値が下がっていくのです。

また、水溶性食物繊維のキトサンは溶けることなく、水分を吸収してゲル状に変化します。

そして、腸内のコレステロールが体に吸収される前に吸着し、便と一緒に排出してくれるのです。

このように、キトサンは吸着と排出の2つの効果により、高くなってしまったコレステロール値を下げてくれます。

まだまだあるキトサンの健康効果

キトサンの健康効果はコレステロール値を下げるだけではありません。他にも多くの健康効果を発揮してくれます。

血圧の上昇を抑える

キトサン 血圧

キトサンには、血圧を上げる原因である塩分を吸着して排出する働きがあります。

血圧が高くなる原因の一つが血中の塩分量の増加です。塩気の多い濃い味付けの料理ばかりを食べていると、血中の塩分量が過剰になります。

すると、体は塩分濃度を下げようと血中に多量の水分を集めます。

血液が水分によって増えることで、血管の壁に圧力がかかります。その結果、血圧が上昇してしまうのです。

キトサンはプラスイオンが含まれるため、マイナスイオンである塩分を吸着することがでます。

そして、腸内を移動し他の老廃物と一緒に外へ排出してくれるのです。

この働きにより、塩分が腸に吸収されることなく便として排出されるので、血圧上昇の原因となる血中の塩分量が増加することがありません。

腸内環境を整える

キトサン 腸内環境

不溶性食物繊維であるキトサンには、腸内環境を良好に保つ働きがあります。

キトサンは、腸内で溶けることなく、水分を吸収しカサを増します。そして、そのまま腸内を通過していくのです。

カサを増したキトサンが通過することで、腸が刺激され便を促す蠕動運動(ぜんどううんどう)が活発になります。

蠕動運動が活発になると排便がスムーズに行われ、悪玉菌のエサとなる老廃物を溜めることを防げます。

さらにキトサンは、他の食物繊維と同様に善玉菌を増やし、働きを活発にするエサになります。

整腸作用のある善玉菌が増えることで、腸内環境を良好に保つことができるのです。

免疫機能を高める

キトサン 免疫力

キトサンには免疫細胞の働きを助け、免疫力を高める効果もあります。

人の体には、外から侵入してきたウイルスや細菌などの異物を撃退する免疫細胞が備わっています。

その中のひとつに、ウイルスや細菌を捕まえて消化するマクロファージという細胞があります。

しかし、マクロファージは全ての異物を捕まえられるわけではありません。小さな細菌やウイルスだと逃してしまうことがあります。

キトサンは、体の中に入ってきたウイルスや細菌などの異物を次々と吸着し大きく膨らます。

キトサンにより大きく膨らんだ異物であれば、マクロファージが逃すことなく捕まえて消化できます。

つまり、キトサンを摂ることで免疫機能が高まり、より多くのウイルスや細菌を撃退できるのです。

ダイエット効果

キトサン ダイエット

脂質や糖質の吸収を抑えるキトサンは、ダイエット効果があることでも知られています。

キトサンは不溶性食物繊維のため、体の中で溶けることなく水分を吸収して膨らみます。そして、そのまま腸を通過して排出されるのです。

カサを増したキトサンは腸を通過する際に、余分な脂質や糖質などを吸着し、吸収される前に外に出してしまうのです。

ですから、お肉や揚げ物、スイーツなどを食べた後にキトサンを摂取すれば、太る原因となる脂質や糖質の吸収を抑えることができます。

食べても太りにくい体質へと導いてくれるキトサンのダイエット効果は、厳しい食事制限の必要がない理想的なものです。

キトサンは青汁で摂ろう!選ぶポイント!!

青汁 キトサン 効果

先ほど説明したように、キトサンには優れた健康効果があります。

しかし、効果を得られるほど、十分にキトサンを摂取できているという人はほとんどいません。

キトサンはカニやエビの殻、イカの中骨などから抽出される成分です。

例え、カニやエビなど大好物であったとしても、殻ごとそのまま食べることはできません。ですから、食事から補うことが難しい栄養素なのです。

だからこそ、キトサンが豊富に配合された青汁を毎日の生活に取り入れるのが最適なのです。

では、次はどのような点に気をつけて青汁を選べばいいのかを見ていきましょう。

・無理なく飲めるか

キトサンの優れた健康効果を実感するには、何よりも飲み続けることが大事です。そのためには、美味しいと思えるものを選ばなくてはなりません。

それは、口に合わないものを健康のために頑張って飲み始めても、徐々に辛くなり続かないことが多いからです。

青汁は昔のように「苦くて飲みにくい」というものではなく、最近では美味しく味付けされた飲みやすい商品が多く販売されています。

美味しいと思える青汁であれば、無理なく続けられ健康効果を実感することができるでしょう。

・安心して飲めるか

さらに、毎日飲む青汁は安全性を重視して選ばなくてはなりません。

例えキトサンを効率良く摂り入れられたとしても、他の健康に悪影響を与える可能性があっては安心して飲めないからです。

青汁の加工地、原料野菜の産地と農薬の使用、含まれる添加物など、細かな点も確認して選ぶことも大事。

商品に対する安心感も長く続けるためには、欠かすことができないポイントです。

・トクホ(特定保健用食品)であるか

青汁の効果をより実感したいのであれば、トクホの商品を選ぶのがいいでしょう。

青汁には、一般食品と保健機能食品の2種類があります。一般食品に分類される青汁は科学的に効果や機能が確認されていません。

これに対し、保健機能食品の青汁は、効果や機能性が科学的に確認されています。

トクホは保健機能食品の中で唯一、商品の持つ安全性と有効性を国から認められています。

ですから、「コレステロール値を下げたい」などの具体的な目的がある人は、この効果を持つトクホの青汁を選ぶのが最適なのです。

以上、3つのポイントを踏まえた上でオススメなのが次の青汁です。

大正製薬 ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン

ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン

優れた健康効果を持つキトサン配合!コレステロール値を下げるトクホの青汁。

▼ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサンの特徴

・コレステロール値を下げるキトサン配合

キトサンを1袋あたり380㎎含む青汁です。動物性食物繊維のキトサンにはコレステロールの吸収を抑制し、便として排出する働きがあります。

食生活の乱れなどで高くなったコレステロール値を下げてくれます。

・ビタミンやミネラルも補える大麦若葉が原料

原料の大麦若葉は、他の緑葉野菜と比べても栄養素が豊富です。

キトサンだけでなく、毎日の食事で不足しがちなビタミンやミネラルも手軽に補えます。

また、農薬を一切使用せずに栽培されているので毎日安心して飲むことができます。

・無理なく続けられる美味しさ

効果を実感するには、一定期間のみ続けなくてはなりません。そのためには、美味しいと思えるものを選ぶこが大切です。

抹茶が配合されている「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」は口当たりが良く、クセもないので飲みやすい味です。

コレステロール値の低下はもちろん、優れた健康効果を発揮してくれる青汁です。

キトサン入り青汁を飲んでコレステロール値の上昇を抑えよう!

青汁 キトサン コレステロール

キトサンには、コレステロール値を低下させる以外にも優れた健康効果が多くあります。

しかし、カニやエビの甲羅から抽出キトサンは、普段の食事から摂取するのは不可能です。

だからこそ、キトサンが配合された青汁で無理なく摂ることが理想的です。

もちろん、青汁以外にもキトサンが配合されたサプリメントなどがあります。

しかし、ビタミンやミネラル、さらには酵素や葉酸などの豊富な栄養素が同時に補うことができるのは、緑葉野菜が原料の青汁だけです。

キトサンだけでなく、栄養素がたっぷり含まれるトクホの青汁で健康的な体を作りましょう。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ