青汁で血糖値が下がるの!?糖尿病予防にも効果的!?

青汁 血糖値

「健康診断で血糖値が高めと診断された」、「血糖値が下がらず焦っている」という人は何をすべきか迷いますよね。

病院に行くのはもちろんですが、「自分でできる対策をしておきたい」という人には、トクホの青汁をおすすめします。実は、青汁には血糖値を下げることに特化した商品があるのです。ただし、青汁を飲んだから安心というわけにはいきません。

血糖値が高い原因は甘いものの摂りすぎや高カロリーな食事など、食生活の乱れがほとんどです。しかし、それ以外にも疲労、ストレス、寝不足など生活習慣の乱れによっても血糖値は上昇します。このような高血糖になる原因を解消することも必要なのです。

高血糖は糖尿病の前段階でもあります。生活を改善し、青汁を飲んで糖尿病を予防しましょう!

血糖値とは?血糖値が上がるとなぜいけないの?

青汁 血糖値上昇

血糖値が高いということは、血液中のブドウ糖の量が多いということです。では、何故その状態がいけないのか?次から詳しく説明します。

血糖の働きと血糖値のメカニズムについて

血糖値が高い状態とは、血液中のブドウ糖の濃度が高いまま下がらない状態の事を指します。

ではブドウ糖がどこからやってくるかというと食事です。炭水化物などに含まれる糖質が小腸でブドウ糖に分解・吸収され、肝臓に送られます。さらに肝臓から血液に送り出され、全身の細胞に運ばれて活動エネルギーとして使われるのです。

運動や勉強を長時間するとお腹が空きますよね。これは活動エネルギーとしてブドウ糖が消費されるからです。

さらに、すぐに活動エネルギーとして使われなかったブドウ糖は肝臓や筋肉組織などではグリコーゲンとして、脂肪組織には中性脂肪として蓄積されます。

これだけ聞くと肥満の原因のように思えますが、蓄積されたグリコーゲンや中性脂肪は活動エネルギーが不足すると放出され、エネルギーとして消費される重要な役割があります。つまりブドウ糖は人間の活動エネルギーを支える大切な栄養素なのです。

通常、食事を摂ってすぐに血液中にブドウ糖が増えるので血糖値が上昇しますが、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されてブドウ糖を全身の細胞に運び、肝臓や筋肉組織、脂肪組織などに蓄積させる働きをします。

このインスリンの働きによって血液中にブドウ糖が増えすぎることなく血糖値が下がるのです。

しかし、高カロリーな食事や運動不足によって血液中にブドウ糖が多い状態が続くと、インスリンもどんどん分泌されるため、インスリンを作る膵臓のβ細胞が疲労します。β細胞は疲労によって一度インスリンの分泌能力が落ちると戻らないと言われています。

そうなるとインスリンの分泌が遅くなったり、分泌されても働きが弱まったりするため、血液中のブドウ糖が細胞に運ばれなくなるのです。

さらに、筋肉組織、脂肪組織にもブドウ糖が蓄積されなくなるため、血液中にブドウ糖があふれかえってしまいます。

つまり、血糖値が上がったまま下がらなくなってしまうわけですね。

これが高血糖と呼ばれる状態で、ブドウ糖がエネルギーとして使われず、蓄積されなくなるため体中がエネルギー不足の状態になってしまうのです。

血糖値が上がる原因や理由について

血糖値が上がる、と聞くと悪いことのようですが、日常生活で血糖値は簡単に上がったり下がったりしています。食事以外で血糖値が上昇する原因には次のようなものがあります。

ストレス増加……

血糖値 ストレス

ストレスが増えるとコルチゾールというホルモンが分泌され、ブドウ糖を合成します。ストレスが加わり続けると、ブドウ糖を合成し続けるため血中のブドウ糖濃度が上がるのです。また、コルチゾールにはインスリンの働きを弱める性質があります。

飲酒……

血糖値 飲酒

アルコール自体はブドウ糖になることはありませんが、肝臓に蓄積されていたグリコーゲンをブドウ糖に分解する働きがあるため、飲酒時に血糖値が上昇します。また、カクテルなど糖質の多いアルコールも血液中のブドウ糖を増やします。

睡眠不足……

血糖値 睡眠

睡眠が不足するとインスリンの働きを弱めることが分かっています。また、睡眠不足はインスリンの分泌量を減らすともいわれており、ブドウ糖が適正に使われずに血糖値が上がります。

たばこ……

血糖値 タバコ

タバコを吸うとアディポネクチンと呼ばれるインスリンの働きをサポートするホルモンが減少し、インスリンの働きが鈍くなります。喫煙者は非喫煙者に比べてアディポネクチン濃度が低いことが分かっており、常時血糖値が上がりやすい状態のため糖尿病になる危険性が高いと言われています。

肥満……

血糖値 肥満

肥満は運動不足や過食などにより消費するエネルギーより摂取したエネルギーが上回り、脂肪の割合が増えすぎた状態をさします。つまり、常にエネルギーが余っている状態で血液中にブドウ糖があふれている状態なのです。また、常時血糖値が高い状態になるとインスリンの働きが弱まるため、さらに血糖値が上昇するという負のスパイラルに陥ってしまいます。

遺伝子……

血糖値 遺伝

遺伝的に血糖値があがりやすい体質があります。また、糖尿病になった家族がいる場合、生活を共にする家族も食事や生活習慣病が似るため血糖値が上がりやすい可能性があります。

このように、食事以外でも血糖値は上昇しますが、通常であればいずれもインスリンが分泌されて血糖値が下がります。

血糖値が高い場合に起こる症状について

何の対策もせず血糖値が高いままの状態を放っておくと、さまざまな症状があらわれ始めます。次のような状態に悩まされている人は高血糖の可能性がありますので、早めに医療機関に受診し、食生活や生活習慣を改善するようにしましょう。

喉が異常に渇く

血糖値 のどの渇き

血糖値が上がったままの状態が続くと、血液中のブドウ糖の濃度が上がるため、濃度を下げようとして体内の水分が使用されます。その使用された分の水分を補給しようと体が反応するため、喉が渇くのです。

大量に汗をかくと水を飲みたくなりますよね。あれは汗をかくことで血液中の塩分濃度が上がり濃度を下げようとして水分を補給しようとする働きです。高血糖の喉の渇きもそれと同じ状態なのです。

ただし、高血糖の人は常に血液のブドウ糖濃度が高い状態のため、汗をかいたわけでもないのに異常に喉が渇く上に、水を飲んでも乾きが解消されません。

また、血糖値を下げるために水分を多く補給するので尿意が増し、トイレの回数やおしっこの量が増えるのも血糖値が高い人に起きやすい症状です。

おしっこが泡立ちやすくなる

血糖値 尿

高血糖の状態が長引くと腎臓で処理しきれなくなったブドウ糖は膀胱に溜まり、尿に糖が混じるようになります。

また、尿に糖が混じるようになると、尿に粘りが出て泡立つようになるのです。尿にタンパク質が多く含まれても尿が泡立ってなかなか消えません。

通常、血液は腎臓で濾過され、赤血球、白血球、タンパク質などは体に必要なものとして再吸収されます。一方残った老廃物や塩分、水分などは不要なものとして尿になります。

しかし、高血糖によって腎臓の働きが阻害されると、タンパク質が体に再吸収されず尿に含まれるようになるのです。

体がだるい、疲れやすい

血糖値 だるい

すでに説明した通り、高血糖になると細胞にブドウ糖が運ばれなくなります。つまり、活動に必要なエネルギーが足りない状態になるのです。

さらに筋肉組織、脂肪組織にもエネルギーが蓄積されないため、常に疲れた状態のままになります。このため、常時だるさや疲れやすさを感じるようになるのです。

また、高血糖の症状として多量の尿がありましたよね。頻繁に、そして大量に尿を排出すると、ブドウ糖と一緒にミネラルも排出されてしまいます。

ミネラルには筋肉や神経の働きをサポートする役割があるため、不足すると疲労を感じやすくなるのです。

肌がかゆい

血糖値 かゆみ

高血糖は血液中にブドウ糖があふれかえって血の流れがドロドロになった状態です。血の流れが悪いと栄養素が細胞に行き届かず免疫力の低下を招きます。免疫力が下がると感染症にかかりやすくなるため、皮膚炎になって肌がかゆくなることがあるのです。

また、大量の尿が排出されることで脱水症状になり、皮膚が乾燥しやすくなってかゆみが生じることもあります。

かゆみが悪化して皮膚科を受信したら糖尿病だった、という例もあるくらいです。他の症状が出ている上に肌がかゆい……となったら高血糖や糖尿病を疑ったほうが良いでしょう。

体重が減る

血糖値 減量

高血糖によって血液がドロドロになり全身に栄養が行き渡らなくなると、体が不足した栄養を補おうと脂肪や筋肉を分解してタンパク質をエネルギー源として使い始めます。

その上、高血糖のままだとブドウ糖がエネルギーとして使われず、蓄積もされないため、どれだけ食べても痩せてしまうという現象が起こるのです。

この状態になると高血糖が慢性化しており、糖尿病の危険信号といえます。

血糖値は高いまま放っておくと危険!糖尿病による合併症の恐怖

血糖値 合併症

高血糖と糖尿病の違いは血液中のブドウ糖濃度が高いまま慢性化しているかいないかです。つまり、高血糖をそのまま放っておくと糖尿病になってしまうのです。

糖尿病の合併症は命にかかわるものが多い上に、重症化すると生活の質をいちじるしく下げてしまいます。もし血糖値が下がらないまま次のような症状が一つでも当てはまるようでしたら、早めに医療機関に受診されることをおすすめします。

糖尿病網膜症

糖尿病腎症・糖尿病神経障害とともに糖尿病の3大合併症の一つで、成人の失明原因一位にもなっている恐ろしい病気です。

目の奥には網膜という光を感じる器官があり、網膜の光を通して人は物を見ています。網膜はカメラで言うところのフィルムの役割をしてくれているわけですね。

網膜には毛細血管が張り巡らされています。高血糖になると血の流れがドロドロになることは説明しましたが、特に細かい血管である毛細血管はその影響を受けやすいため、瘤ができたり、ドロドロになった血液に傷つけられて出血したりしてしまうのです。

さらに症状が進むと、出血が増えて血の流れが止まり、毛細血管が別の箇所へ拡張されますが、この段階ではまだ自覚症状はありません。

しかし、放っておくと毛細血管の血の流れが完全に遮られ、行き場をなくした血が新しい血管を生み出してしまいます。この状態になると網膜がはがれ始めたり、網膜の前にある硝子体という目の形を保つ器官から出血が起こったりします。

この段階になると目の前にゴミのような黒い点が見える、視界に陰りがでるなどの自覚症状があらわれ、そのまま徐々に視力が落ちて失明に至ってしまうのです。

糖尿病腎症

腎臓は血液のろ過装置としての役割がありますが、ろ過を担うのは糸球体という毛細血管のかたまりです。糸球体はサイズの大きな赤血球や白血球といった細胞や分子の大きなタンパク質などは通さず、水分、アミノ酸などサイズの小さな物質を通します。

そこからさらに尿細管という組織で必要と判断される物質を血液から吸収し、不要と判断される物質を尿細管に戻す、という動きが行われ、血液を浄化します。残った完全に不要とされるものだけが尿として排出されるわけですね。

しかし、糖尿病網膜症の項目でも説明しましたが、糖尿病になると毛細血管に瘤ができ、出血が起こるため、糸球体に障害が起こって血液のろ過が正常に行われなくなります。

症状が進むと完全に腎臓のろ過機能が働かなくなり、体に必要な成分も尿に流れて体調がどんどん悪くなります。最終的には尿すら作られなくなり、塩分やたんぱく質を極度に押さえた厳しい食事制限や人工透析を受けなくてはならなくなるのです。

前兆として尿にタンパク質が含まれるようになります。本来ろ過の過程でタンパク質を通さないはずの糸球体の働きが弱まっている証拠ですので、早めの血糖値改善が必要になります。

糖尿病神経障害

糖尿病になると毛細血管などの細かい血管に血が行き渡らなくなるため、神経細胞に血(栄養)が届かなくなってしまいます。

特に、末梢神経という体中に張り巡らされている神経に影響があらわれるようになり、痛みや熱さや冷たさを感じる知覚神経や、脈拍、血圧、発汗などをコントロールする自律神経に障害を起こすようになります。

知覚神経に障害が出ると痛みや熱さを感じにくくなります。つまり足に怪我したり火傷したりしても気づくことができず、手当ができないまま放置するはめになるのです。

また、自律神経に障害が出ると、腸の働きが悪くなり胃もたれを起こす、汗が異常に出たり暑くても汗が出なかったりする、血圧の調整ができず立ちくらみが起こる、腸の働きが悪くなることで突然下痢や便秘を起こすといった諸症状があらわれます。

動脈硬化

動脈硬化はコレステロール値が高いとなるイメージですが、糖尿病が原因の場合はコレステロール値が高くなくても起こります。糖尿病の場合は、次のように動脈にプラークと呼ばれるものができるのが原因です。

  1. 増えすぎたブドウ糖が血管に付着し、血管の内側のタンパク質と結合して血管を酸化(炎症)させます。
  2. 炎症箇所の細胞に悪玉コレステロールが入り込んで酸化します。さらに炎症を鎮めるために白血球も炎症箇所に入り込み、免疫細胞マクロファージに変化。
  3. マクロファージは異物と判断したものを捕食する性質があるため、酸化した悪玉コレステロールを大量に取り込んで死にます。しかし、マクロファージは悪玉コレステロールを消化できないため血管内側に糊状の大量の悪玉コレステロール(プラーク)が残されてしまいます。

プラークができると血の流れが悪くなる上に、血管がプラークで厚みをまして固く脆くなってしまいます。このように動脈が詰まりやすくなり弾力性を失ってしまった状態を動脈硬化と呼ぶのです。

動脈は心臓から押し出された血液を全身に巡らせる役割を持っています。しかし動脈硬化によって血管に詰まりを起こして全身に酸素や栄養が行き届かなくなったり、脆くなった血管が傷ついて出血を起こしたりしたせいで、さまざまな病気を引き起こすのです。

脳卒中(脳梗塞やくも膜下出血)

動脈硬化が進むと脳の血管でも動脈硬化が起こり、血の流れが悪くなって詰まったり、血の塊ができたりすることがあります。

そうなると、そこから先に血が流れないため、脳内に酸素や栄養が届かず脳が壊死してしまうのです。この症状を脳梗塞と呼び、最悪の場合は死亡します。助かっても言語機能や運動機能に障害が残ってしまう場合がある恐ろしい病気です。

また、動脈硬化によって脳の血管表面に瘤ができることがあります。この瘤が破れると脳の表面のくも膜下に大量に血が流れ出て脳を圧迫し壊していくため、くも膜下出血と呼ばれます。

くも膜下出血は脳梗塞と違い、脳外部の出血の圧迫による外傷で脳を傷つける病気ですが、こちらも非常に死亡率が高く、障害の残りやすい病気です。

狭心症・心筋梗塞

心筋梗塞とは心臓の表面に張り巡らされている冠動脈という毛細血管が詰まって、心臓の筋肉(心筋)が酸素や栄養を受け取れなくなった状態です。

原因は血管を詰まらせる動脈硬化です。酸素や栄養を受け取れなかった心筋が徐々に壊死していき、さらに壊死の部分が大きくなると心臓が収縮・拡張の動きをできなくなるため、最悪の場合死に至ります。

心筋梗塞が起こると胸のあたりを圧迫されるような痛みを感じ、冷や汗や不整脈が起こります。このような初期症状のうちに救急車を呼ぶなどの素早い対処が命を救うのですが、糖尿病によって神経障害が起こって痛みを感じられずにいると手遅れになってしまうこともあります。

また、狭心症とは冠動脈の血管内部が動脈硬化によって細くなり、血の流れが悪くなって心筋に十分な酸素が遅れなくなった状態です。

運動後など、心筋が酸素を必要としている時に胸全体が締め付けられるように痛くなる症状は狭心症なのです。

糖尿病性壊疽

糖尿病性壊疽とは、糖尿病が原因で手先や足が壊死し、さらに壊死した個所が腐ってしまった状態(壊疽)です。

最悪の場合は壊疽した個所を切断しなくてはならない恐ろしい病気ですが、原因は次のような三つの合併症にあります。

糖尿病神経障害……すでに説明した通り知覚神経に障害が起こると痛みを感じません。怪我をして傷口から感染症にかかっても気づかずに過ごしてしまうのです。しかも血糖値が高い状態のままだと免疫力が低下していることが多いため壊疽が起こりやすくなります。足がどす黒くなっていた、という状態で病院に駆け込んで初めて糖尿病神経障害に気づく人もいますが、この状態になってしまったら足を切断しなくてはいけません。

動脈硬化……動脈硬化によって手足などの末端の血管が詰まると酸素や栄養が届かず、徐々に手足に冷え、しびれといった症状が現れ始めます。そのまま血管の詰まりが慢性化すると、細かい血管だけでなく大きな血管でも詰まりを起こして、足の先端などの血の流れが完全に断たれて壊疽を起こしてしまいます。特に、糖尿病は動脈硬化の進行が速いため切断に至るような悪化を招きがちです。

免疫低下……高血糖が続くと免疫力が落ちることは説明しましたが、この免疫力の低下によって感染症にかかりやすくなります。また、感染後もなかなか治らず悪化しがちなため、怪我や火傷を負った後に壊疽につながりやすくなります。

血糖値が高い場合どうすれば下げられる?

糖尿病の恐ろしい症状を避けるためには血糖値をコントロールして適正な状態にすることが重要です。では、どうやって下げればよいのか見てみましょう。

血糖値を下げる食事を摂る

そもそも、健康な状態の血糖値は空腹時に110mg/dl未満、食事をして2時間ほどで140mg/dl未満になるとされています。いずれの場合も、この数値以上の場合は高血糖と診断され、食後2時間後で200mg/dl以上の場合は糖尿病の疑いが出てきます。

この数値を下げるために一番効果的なのは、やはり糖質を控えた食事です。もちろん、食べ過ぎもいけません。満腹するまで食べるのはやめ、腹八分目を目指しましょう。また、糖質を控えると脂質が増えがちですので、一番大切なのはバランスよく食べることです。

さらに、ご飯、パンなどの糖質の多く含まれる炭水化物は血糖値を急上昇させやすいため、空腹時すぐに食べるのはやめて、食物繊維の多い料理から食べるのがおすすめ。食物繊維は糖質の吸収を緩やかにしてくれるので効果的です。

食後の運動は血糖値低下に効果的

血糖値 運動

食事だけでなく、運動も血糖値低下に大きな効果があります。特に、食後に有酸素運動をすると、体内のブドウ糖が大量に消費されるので急上昇した血糖値がすぐに下がります。

ただし、食後といっても食べてすぐの運動はおすすめできません。食後すぐは血液が胃に集中し心臓に送られる血液が減るため、心臓や体への負担が大きくなってしまうからです。

毎食後30分~1時間経過してから、軽いウォーキングやジョギングといった軽い有酸素運動を15分程度するのが最も効果的と言われています。ただし、糖尿病の進行による体調不良がみられる場合は医師の確認を取ってからにしましょう。

食物繊維で血糖値を下げる!

青汁 食物繊維 血糖値

食物繊維には不溶性と水溶性の二種類がありますが、特に水溶性食物繊維が血糖値低下に効果的です。

水溶性食物繊維には胃の中で水を吸ってゲル状になる性質があります。このゲル状になった食物繊維は、食物を包んで胃や腸内をゆっくり移動するため、糖の吸収速度を遅くして満腹感を持続させてくれるのです。

つまり、水溶性食物繊維が血糖値の急上昇を直接防いでくれる上に、食べ過ぎも防いでくれるというわけですね。

水溶性食物繊維はオクラ、納豆、山芋といったねばねばしたものや、ゴボウ、海藻類、きのこ類といった食べ物に多く含まれています。しかし、毎日水溶性食物繊維の含まれる野菜を用意するのは意外と手間がかかるものです。

もし血糖値を下げるためにも毎日水溶性食物繊維を取りたい……という人がいたら、青汁がおすすめです。青汁は野菜を粉末状にした飲み物で不溶性食物繊維が豊富ですが、最近の青汁は難消化性デキストリンという水溶性食物繊維が配合されているものが多いのです。

特にトクホの青汁には水溶性食物繊維が豊富に含まれているものもあり、高い効果が期待できます。

血糖値の低下に効果的な青汁もランクイン!おすすめの青汁を紹介!

血糖値が気になる人にはこの青汁がおすすめ!

ヘルスマネージ大麦若葉青汁

大正製薬 ヘルスマネージ大麦若葉青汁デキストリン

大正製薬の青汁「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」はトウモロコシ由来の難消化性デキストリンが一袋5.1gも配合されているトクホ(特定保健用食品)の青汁です。

すでに説明した通り、難消化性デキストリンは水溶性食物繊維ですので、糖の吸収を緩やかにし、血糖値の急上昇防止に非常に効果があります。

実際に「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」を摂取して30分後には、難消化性デキストリンが配合されていない青汁を摂取した人よりも血糖値の上昇が抑えられたという実証実験の結果がでており効果は折り紙付きです。

また、難消化性デキストリンにはコレステロール値を下げる効果もあります。ゲル状になった水溶性食物繊維は糖質だけでなくコレステロールにも吸着して便と一緒に排出してくれます。この働きでコレステロールが体内に吸収される量を抑えてくれるというわけです。

コレステロールが増加すると血管内部に付着して動脈硬化のリスクをあげます。また、糖尿病の合併症の項目で説明した通り、高血糖が続いても動脈硬化が起こりやすくなります。つまり、難消化性デキストリンによって血糖値やコレステロール値の上昇による動脈硬化が予防できるのです。

さらに、「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」が素晴らしいのは豊富な難消化性デキストリンだけではありません。

原材料は九州熊本県産の安全な大麦若葉です。大麦若葉には糖質、たんぱく質、脂質の代謝を促進するビタミンB2や、ビタミンB群の仲間で動脈硬化の原因の一つであるホモシステインという物質の増加を抑える葉酸などが豊富に含まれているのです。

もちろん、効果を得るには毎日飲み続けることが必要ですが、「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」は青汁特有の苦みがなく、抹茶が配合されたまろやかな味で飲みやすさも抜群です。

飲むタイミングは食前が最適!食事前に飲むことで胃の中に難消化性デキストリンがゲル状になって広がり、糖質やコレステロールを包んで血糖値やコレステロール値の上昇を防いでくれます。

このように「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」は難消化性デキストリンと大麦若葉の組み合わせによって、高血糖や動脈硬化予防に非常に効果がある青汁なのです。

食事前にトクホの青汁を飲んで血糖値の上昇を抑えよう!(まとめ)

青汁 血糖値を下げる

甘いものが大好きだったり、一回の食事量が多すぎたりする人は血糖値が上がりがち。血糖値が上がったまま放っておいて高血糖や糖尿病になると、体調不良を招くだけでなく、動脈硬化や壊疽といった恐ろしい合併症で命を落とす危険もあります。

血糖値の高さに悩んでいる人で自分で対策をしたい……という人は、食事制限や運動にプラスしてトクホの青汁を食前に飲んでみましょう。難消化性デキストリンという水溶性食物繊維が胃に広がり、食べ物を包んで糖質や脂質の吸収を抑えてくれます。

糖質の吸収が抑えられると血糖値の急上昇を防いでくれるので、高血糖や糖尿病予防にとても効果的ですよ!

トクホの青汁を毎日飲んで、健康に不安のない毎日を過ごしてください!

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ