青汁で高血圧を改善!カリウムやSOD酵素が血圧を下げる

青汁 血圧

さまざまな病気を引き起こす高血圧。

最近、血圧の数値が高くなりがちで心配という方も多いはず。

そんな高血圧の予防に効果的なのが青汁です。

健康食品として人気の青汁には、高血圧予防に期待できる栄養素が豊富に含まれています。

そこで今回は、青汁の高血圧予防の効果についてご紹介します。

青汁の効果を詳しく知るために、まずは高血圧のことを学んでいきましょう。

高血圧について詳しく知ろう

高血圧とは?

日本では約4000万人、実に3人に1人が高血圧の悩みを抱えていると言われています。自分は大丈夫だと思っている人も決して他人事ではありません。

しかし、これだけ身近なものでありながら、血圧とは何か、高血圧はどのようにして起こるのかなど、詳しく理解している人は少ないはずです。

血圧や高血圧とは、どのようなものなのでしょうか?

高血圧ってどんな状態?

そもそも血圧とは血管にかかる圧力のことで、高血圧は血管にかかる圧力が高くなっている状態のことを言います。

血管は血液を体中に巡らせるホースの役割を果たしています。そして、その血管に血液を送り出すポンプの役割を心臓がしています。

心臓から送り出された血液が通る血管の、内側から外側に向かってかかる水圧が血圧なのです。

血圧の上昇は、血管が狭くなったり、血管内の血液量が増えることで起こります。

このような状態になると、ポンプの役割を持つ心臓は、高い圧力で血液を送り出さなくてはなりません。すると、ホースである血管に高い圧力がかかってしまうのです。

一般的に高血圧とされるのは、最高血圧140mmHg以上、または最低血圧90mmHg以上の人。

しかし、この条件に当てはまっていないからと言って安心はできません。血圧は年齢と共に上昇する傾向にあるので、数値ギリギリという人は注意が必要です。

高血圧が引き起こす危険

高血圧の最も怖いところは、自覚症状がないことです。そのため、多くの人は健康診断などの機会がないと、自分が高血圧であることに気づくことができません。

そして、知らないうちに健康が蝕まれ、心筋梗塞や脳卒中、動脈硬化などの命に関わる病気を引き起こしてしまいます。

このように、何の前触れもなく突然命を脅かすことから、高血圧は静かな殺し屋を意味する「サイレントキラー」とも呼ばれているのです。

高血圧が「サイレントキラー」とまで呼ばれるほどに危険なのは、心臓と血管に大きな負担をかけ、命を脅かす病気を引き起こしてしまうからです。

血圧が上昇し、心臓が高い圧力で血液を送り出す状態が続くと、心臓に過度の負担がかかり、狭心症や心筋梗塞を引き起こす原因になります。

さらに、高い圧力を受け続ける血管への負担も大きく、亀裂が入ったり、血液を詰まらせる原因になるのです。

健康な体にとって心臓と血管は最も重要なものです。高血圧によって負担をかけないように、日頃から気にかけておくことが大事です。

高血圧の原因と予防方法

高血圧は普段の生活の乱れが大きく影響する生活習慣病のひとつです。

具体的には、塩分の過剰摂取、過食による肥満、ストレス、運動不足などが原因と言われています。

ですから、血圧を下げるには、栄養バランスのとれた健康的な食事、積極的に体を動かすなど、生活習慣の改善が基本になります。

でも、これまでの生活習慣をすぐに変えるというのは簡単なことではありません。

そのため、血圧を下げる降圧剤などの薬に頼ろうと考える人も多くいます。

当然、降圧剤を服用すれば血圧は下がります。しかし、それは一時的なものにしか過ぎません。応急処置としては効果的ではありますが、根本的な解決にはならないのです。

また、降圧剤は発疹、ふらつき、貧血、吐き気、頭痛、動悸などの副作用が出ることがあり、体へ大きな負担をかけることになります。

しかし、飲むだけで高血圧予防ができる青汁であれば、生活習慣をガラリと変えることも降圧剤に頼ることもありません。手軽に、そして安心して始めることができます。

高血圧を予防する青汁の効果とは

青汁 効果 高血圧

大麦若葉やケール・明日葉など、青汁の主な原料として知られる野菜には、血圧の上昇を抑える栄養素が豊富に含まれています。

では、その栄養素と働きについて詳しく見ていきましょう。

SDO酵素
青汁で補うことができるSDO酵素には、高血圧の原因となる活性酸素を除去する働きがあります。

体内で作り出される活性酸素は、外から侵入してきた細菌などの有害物質を撃退する役割があり、人の体には必要なもの。

しかし、食生活の乱れやストレスにより必要以上に活性酸素が増えると、血管を収縮させて血流を悪くしてしまいます。

この活性酸素を除去する強力な抗酸化作用を持っているのがSOD酵素です。

SOD酵素は、過剰に増えた体内の活性酸素を除去することで、血管の収縮を予防して、血流をスムーズにし、血圧の上昇を防ぎます。

しかし、SOD酵素は普段の食事から多くを摂取するのが難しい成分。さらに、年齢と共に体内で生産される量が減少してしまいます。

だからこそ、青汁でSDO酵素を補い、高血圧を予防するのが効果的なのです。

カリウム
カリウムは、高血圧の要因となる過剰なナトリウムを、体の外へ排出する効果があります。

日本人の高血圧の原因として、最も多いと言われているのが塩分の過剰摂取。食の欧米化と共に、塩気が多くて味が濃い料理を好む人が多くなっているからです。

塩分にはナトリウムが含まれており、過剰に摂取すると血液中のナトリウムの濃度が高くなります。

すると、血液中のナトリウム濃度を薄めるために、体内の水分が血管に移動して血液量が増加するのです。血液が増加すると、血管はパンパンの状態になり血流は悪くなります。

また、過剰に増えた血液中のナトリウムは、血管の壁に入り込んでしまい血管の壁が膨らみます。その結果、血管が細くなり血流が悪くなってしまうのです。

しかしこれらの原因により血流が悪くなっても、心臓は血液を体全体に巡らせようとします。そのため、強い圧力で血液を送り出すことになるので、血圧を上昇させてしまいます。

カリウムは塩分の過剰摂取により、増えた血液中のナトリウムを排出することで、血液の量と血管を正常に保ち、高血圧を予防してくれます。

カルシウム
高血圧の原因となる血液の詰まりを防ぐには、カルシウムを十分に補う必要があります。

カルシウムは骨や歯などをつくる栄養素です。体内のカルシウムの99%は骨と歯にあり、残りの1%が血液や筋肉などの細胞にあります。

この1%のカルシウムが出血を止めたり、筋肉運動を助けるなど、命を守る重要な役割を果たしているのです。

そのため、カルシウム不足の状態が続くと、体が危機感を覚え、骨に貯蔵されているカルシウムを体中の細胞に補給し始めます。これにより、血液中のカルシウム濃度が上がってしまうのです。

カルシウムは血液中のコレステロールに付着する性質があります。そのため、血液中のカルシウムが過剰に増えてしまうと、コレステロールと共に血管の壁に溜まってしまうのです。それが、血流を悪くさせ、血圧の上昇に繋がります。

青汁の主原料の一つであるケールにはカルシウムが豊富に含まれています。ケール青汁でカルシウムを不足することなく補えば、血液にカルシウムが過剰に補給されることが防げ、健康的な血管を保てるのです。

マグネシム
先ほど説明をしたカルシウム不足は、血管の収縮も引き起こすことになります。そして、これを予防してくれるのがマグネシウムです。

骨から体中に補給されたカルシウムは、細胞の中に取り込まれると、細胞の筋肉を収縮させる作用があります。

そのため、血管細胞にカルシウムが取り込まれると、細胞の筋肉が収縮して血管の内側を狭くしてしまうのです。当然、血管が狭くなると血流は悪くなり、血圧は上昇してしまいます。

マグネシウムには、カルシウムが細胞に取り込まれる量を調整する働きがあります。ですから、マグネシウムを不足することなく補えば、血管細胞などにカルシウムが過剰に取り込まれることを防げるのです。

さらに、マグネシウムには細胞の筋肉を拡張する作用があります。カルシウムにより収縮された血管を広げて、血流を良くしてくれるのです。

マグネシウムはこの2つの働きにより、血圧の上昇を防いでくれます。

ビタミンC
高血圧予防のためには、丈夫で柔軟性のある健康的な血管を保つ必要があります。そのために欠かすことができないのが、ビタミンCです。

ビタミンCは、血管を構成するタンパク質の一種であるコラーゲンを体内で生成する働きがあります。そのため、ビタミンCが不足し、体内のコラーゲンが減少してしまうと血管の強度や柔軟性が失われてしまいます。

コラーゲンの減少により、強度と柔軟性を失った血管は伸び縮みができない硬い状態になります。すると、血液がスムーズに流れにくくなり、血圧が上昇してしまうのです。

コラーゲンは外から摂り入れても、そのまま吸収されることなく他のタンパク質と同様に、消化酵素によってアミノ酸などの小さな分子に分解されてしまいます。

分解されたコラーゲンが、体内でもう一度生成されるためには、プロリルヒドロキシラーゼと言う酵素の働きが必要になるのです。

この酵素の働きを助ける働きをするのがビタミンCです。つまり、ビタミンCを十分に補うことで、体内でコラーゲンの生成が活性化され、健康的な血管を保つことに繋がります。

以上のように、青汁に豊富に含まれるSOD酵素、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ビタミンCには、高血圧を予防する優れた効果があります。

また、青汁の中には上で説明した栄養素以外に、高血圧に効果的なDHAとEPAが含まれているものがあります。

DHAとEPA
植物と動物両方の性質を持つユーグレナが原料の青汁には、青魚の脂に多く含まれることで知られるDHAとEPAが含まれています。

DHAには赤血球を柔らかくする働き、EPAには血液が血管の中で固まるのを防ぐ働きがあることが、多くの研究で明らかになっています。

赤血球は血液細胞の中で最も大きいもので、柔軟性が失われると血液がドロドロの状態になって流れが悪くなってしまうのです。そして、血液が血管の中で固まるリスクが高くなります。

ドロドロ血液で血流が悪くなると、心臓は高い圧力をかけて送り出す必要があり、これが高血圧を引き起こしてしまうのです。

DHAとEPAを十分に補えば、赤血球が柔らかくなり、血液が固まるのを防ぐことができるので、血管をスムーズに流れるサラサラで健康的な血液を保てるのです。

また、DHAとEPAは血液中のコレステロールや中性脂肪を低下させる働きがあることも分かっています。

血液中にコレステロールや中性脂肪が増えると、血管の壁に溜まってしまい、血流を悪くしてしまいます。

DHAとEPAにより、血液のコレステロールや中性脂肪を減少させることで、血管を健康な状態に保ち、血圧の上昇を防ぐことができるのです。

血圧が気になる人、高血圧予防に青汁はおすすめ

青汁 高血圧 おすすめ

心筋梗塞や脳卒中、動脈硬化など、命に関わる病気を引き起こす高血圧は、すぐにでも対策が必要。

これは、すでに高血圧と診断された人だけなく、近ごろ血圧が気になるという人も心がけるべきでしょう。

対策方法は、食事や運動など生活習慣の改善が基本。しかし、これまでの生活スタイルを、すぐにガラリと変えることは困難ですよね。

だからこそ、高血圧予防に効果的な栄養素を豊富に含む青汁がオススメなのです。

青汁なら、これまでの生活に取り入れるだけで、高血圧の改善が期待できます。また、降圧剤などの医薬品のように副作用の心配もないので、気軽に安心して始めることができます。

数多くある青汁の中で、とくに高血圧の予防が期待できる商品が次の2つ。

下記の紹介を参考に自分に合った青汁を選んでみましょう。

サンスター 健康道場 粉末青汁

サンスター粉末青汁

サンスターの粉末青汁は、添加物は一切使わず、厳選された国産野菜だけを使用しています。青汁の原料としてお馴染みの栄養価の高い、ケール、大麦若葉、明日葉に加え、ブロッコリーとモロヘイヤの5種類が原料です。

これらの原料には、高血圧の予防に効果的なSOD酵素、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ビタミンCの全てが豊富に含まれています。

さらに、1袋の量は10グラム。これは一般的な青汁の2.5倍の量に相当します。そのため、1杯で野菜100グラム分の栄養素が補えて、1日分の野菜不足が解消できるのです。

また、続けることで効果が実感できる青汁は、飲みやすいかどうかも重要。サンスターの粉末青汁は、5種類の野菜をバランス良く組み合わせることで、無理なく飲み続けられる味に仕上がっています。

また、水だけでなく牛乳や豆乳、フルーツジュースに混ぜて飲んでも、とても美味しく飲めるのでオススメです。

ユーグレナ・ファームの緑汁

ユーグレナ・ファームの緑汁

青魚に多く含まれるDHAとEPAを補える青汁は、ユーグレナ・ファームの緑汁だけです。DHAとEPAを十分に補うことで、血管と血液の健康が保たれ、高血圧が予防できます。

主原料のユーグレナは植物と動物両方の性質を持ち、野菜、魚、肉に含まれる59種類の栄養素があります。

また、栄養素の93%以上を体に吸収できるという優れた特徴があるため、高い健康効果が期待できるのです。

さらに、主原料のユーグレナに加え、有機栽培の大麦若葉と明日葉を使用しているため、野菜に含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維など、豊富な栄養を同時に補うことができます。

野菜不足と魚不足が同時に解消できるユーグレナ青汁は、高血圧の予防はもちろん、腸内環境の改善、ダイエットや美容など、多くの健康効果があります。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ