肝機能の低下が招く危険なサイン!青汁で肝臓を守ってあげよう!

青汁 肝臓

肝機能低下は健康診断で指摘されて初めて気付くことがほとんど。

自覚症状がないので、病気という実感がいまひとつ湧かないかもしれません。しかし、肝臓はとても重要な臓器なのでいたわってあげることが必要です。

ここでは、肝機能低下が起こす病気と青汁が肝臓サポートに適している理由について説明していきます。

肝機能低下を発見するサイン

3-037-肝機能の低下が招く危険なサイン!青汁で肝臓を守ってあげよう!01

胃腸などは病気になるとすぐ痛みが起こり発見されやすいものです。ところが、肝臓は調子が悪くてもはっきりした症状を表に出しません。

そのため「沈黙の臓器」とも呼ばれています。肝機能が低下していても一般には気づきにくいものですが、肝臓が次のようなサインを出していることもあるんですよ。

他の病気と紛らわしい症状もありますが、よく観察してみると分かると思います。

肝機能低下のサイン

  • 倦怠感がある
  • お酒に弱くなる
  • 皮膚や白目が黄色っぽい
  • 胸や首の毛細血管が赤く浮き出る
  • 青あざができやすくなる
  • 上腹部が腫れる

黄疸、肝臓の痛みといった明らかな肝臓の異常がみられる頃にはすでに肝臓の病気が進行している可能性も…。

もし、上記の中で思い当たる症状があれば、早目に検査を受けてくださいね。

肝臓の病気について

肝機能低下を発見するサインを見逃してしまうと、肝臓の病気は次のように進行していきます。

「脂肪肝(しぼうかん)」 肝臓に脂肪が蓄積している状態。食生活で改善が可能。
「肝炎(かんえん)」 肝細胞が破壊し機能が低下、慢性化すると肝硬変を引き起こしやすくなる。倦怠感、黄疸、吐き気などを伴う。
「肝硬変(かんこうへん)」 肝臓が硬く小さくなってしまい、肝機能障害が起こる。黄疸、むくみ、腹痛などを伴う。
「肝臓がん(かんぞうがん)」 ほとんどは肝硬変から起こる。黄疸、腹痛、腹水、体重減少を伴う。がん死亡率の中で上位を占めている。

病気が進行するほど治療は難しくなり、死に至ることもあります。肝機能低下のサインは見逃さずに、早目の改善を心がけましょう。

肝機能低下の原因と予防方法

3-037-肝機能の低下が招く危険なサイン!青汁で肝臓を守ってあげよう!02

肝機能低下の原因で多いのは不規則な食生活です。肝臓は食べ物や飲み物の影響を受けやすく、高カロリー・高脂肪の食事、アルコールの過剰摂取が肝機能低下の原因となります。

肝機能低下の予防と改善のポイントは、肝臓にかかる負担を減らすということ。食べ過ぎや飲み過ぎを避けるようにしましょう。

また、肝機能を正常に保つためには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸がバランス良く含まれる食品を意識して摂るようにします。脂肪と糖分は控え、レバーや緑黄色野菜を多く食べるように心がけて下さい。

青汁を飲んで肝臓に栄養を与えましょう

しかし「肝機能回復にはレバーが良い」と言われてもレバーが苦手な人もいますよね。そんな方には、青汁がオススメです。

青汁は、緑黄色野菜の中でも特に栄養価の高い原材料から作られているので、レバー同様に栄養素をバランス良く補うことができます。

また、青汁自体には脂肪と糖分をほとんど含まないので肝臓に負担をかけることもありません。

特におすすめしたい青汁原料は下記の3種類です。

「ケール」  肝機能を高めるスルフォラファンやシステインが含まれています。 「明日葉」  明日葉特有の成分カルコンには、肝臓に蓄積した脂肪を減らす作用があります。 「大麦若葉」  特に食物繊維が豊富で肝臓の解毒作用をサポートします。アミノ酸もバランス良く含まれています。

休みなくはたらき続ける肝臓をいたわるためにも、青汁は毎日続けるのが良いでしょう。

肝臓のサポートはサプリではなく青汁で

3-037-肝機能の低下が招く危険なサイン!青汁で肝臓を守ってあげよう!03

肝臓サポートのサプリとしてよく知られているウコンですが、ウコンの摂り過ぎにも注意が必要です。秋ウコンには鉄が多く含まれています。

鉄は肝臓に負担をかけてしまい、機能を低下させる恐れがあるので、注意が必要です。

青汁にも鉄が含まれますが、野菜を搾った自然の飲み物なので過剰摂取に至ることは有りません。

肝臓のサポートにはサプリメントでなく、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養がバランスよく含まれる青汁がおすすめです!

青汁の教科書おすすめ!口コミで人気の高い青汁を紹介♪(←)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ