ズキッと痛む辛い関節痛に青汁は効果ある?関節ケアには青汁!

青汁 関節痛

長時間おなじ姿勢で座っていてヒザがズキズキ痛む・・・。

歩くたびにズキッ!と痛む関節の痛み。関節痛は年のせいだから仕方ない、と思っていませんか?

当然、年齢を重ねていくことで、骨を支えている軟骨は確実に減っていきます。しかし、関節痛はしっかりとした関節ケアによって改善することができます!

関節痛を改善し、はつらつとした毎日を過ごしましょう!ここでは、加齢によって起こる関節痛をテーマに、青汁が関節痛のサポートに適した食品であることを説明していきます。

最近、関節の節々に痛みを感じる人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

関節痛の原因

3-039-ズキッと痛む辛い関節痛に青汁は効果ある?関節ケアには青汁!01

関節痛の原因は、はげしい運動による関節の使い過ぎや関節リウマチなどがありますが、もっとも多いのは加齢による「変形性関節症」です。

変形性関節症は関節の中の軟骨がすり減ることで起こる病気で、軟骨は骨と骨の摩擦を防ぐクッションの役目を果たしたり、関節の動きを滑らかにする役割があります。

しかし、軟骨は加齢と共にすり減ってしまうもの。そのため骨や関節に負担がかかって炎症が起こるようになります。

変形性関節症の症状

3-039-ズキッと痛む辛い関節痛に青汁は効果ある?関節ケアには青汁!02

変形性関節症が起こると、階段を上る時にひざが痛んだり、重い物を持とうとした時に腰が痛んだりして、日常生活の動作が辛くなっていきます。そして、きちんと関節のケアをしないでいると炎症が進みます。

関節が動きにくい、変形する、関節痛が強くなるといった症状が起こり、生活に支障をきたす場合も出てきます。

変形性関節症の予防と改善

このような辛い思いをしないためにも、早目に関節ケアを始めましょう。日頃から関節に過剰な負担をかけない、関節周辺の筋肉を適度に鍛える、といった対策を心がけます。

そして、症状がみられたら、早目に受診して治療を受けるようにしましょう。初期の段階で治療や関節ケアを始めれば変形性関節症を改善することは可能です。

健康食品の効果を期待するならば、野菜や果物を食べて体の調子を整えることが必要です。そういった意味で、野菜のビタミンやミネラルをバランス良く含む青汁も関節ケアにおすすめの食品ですね。

青汁のこの成分が関節痛をやわらげる

3-039-ズキッと痛む辛い関節痛に青汁は効果ある?関節ケアには青汁!03

また、青汁に多く含まれるカルシウムとビタミンCには、次のような作用があり、関節ケアに良い栄養素といわれています。

  • カルシウム…軟骨のクッション性を保ち骨の摩擦を防ぐ。
  • ビタミンC…関節の炎症をやわらげる。軟骨成分コラーゲンの生成を促進する。

そのほか、関節ケアに良いとして注目されている成分に「ケルセチン」があります。抗酸化作用持つケルセチンが活性酸素を除去し、関節の炎症や痛みを防ぎます。

たまねぎに含まれていることがよく知られていますが、ケールの青汁からもしっかり摂ることができます。

ケールの青汁は栄養価が高く関節ケア成分が豊富なので、関節痛の予防にピッタリ。ケルセチンやヒアルロン酸がプラスされた青汁を利用するのも良いですね。

青汁が関節に副作用を起こすことはありません。安心して気長に青汁を飲んでみてください。

最新の人気青汁をランキングで紹介!2016年10月(←)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ