ホット厳禁の青汁があるって本当?お湯割りに適さない青汁とは

青汁 ホット

青汁はアイスでもホットでも一年中飲める健康飲料です。特に寒い冬はホットで飲むととても温まり、美味しいですよね。しかし青汁の中には、ホットに適さない製品もあるので気をつけてくださいね。

では、どんな青汁がホットに適していないのでしょうか?また、その理由について説明したいと思います。

ホットに適さない青汁の理由

1-024-ホット厳禁の青汁があるって本当?お湯割りに適さない青汁とは01

熱に弱い栄養成分を多く含む青汁は、ホットで飲むのに適していません。一般に栄養成分の中には、空気・光・熱などに弱いものが多くあり、青汁には熱に弱い栄養成分がいくつか含まれているのです。

熱に弱い代表的な成分がビタミン(ビタミンC・ビタミンB1・パントテン酸、ビオチン)と酵素です。

特にビタミンCと酵素は熱で損失が起こりやすい栄養素です。青汁の中にはビタミンCや酵素がたっぷり含まれているものもあります。

ホットにするとせっかくの栄養成分が損失されてしまうので気をつけてくださいね。

非加熱処理の青汁はホットに適さない

青汁の製造法には「加熱処理」と「非加熱処理」があります。

非加熱処理の青汁は、原材料の栄養価が熱で失われることなく、多く含まれているのが特徴です。特に熱に弱いビタミンなども多く含まれています。

非加熱処理の青汁をホットで飲むと、せっかく多く含まれる栄養素が減少してしまいます。

できるだけ、無駄なく、多くの栄養素を摂れるように、ホット以外の飲み方で飲むことをおすすめします。

ホットで青汁を飲みたい場合には?

1-024-ホット厳禁の青汁があるって本当?お湯割りに適さない青汁とは02

青汁の中にはホットOKなものもたくさんあります。

お手元の青汁の商品情報をチェックして、特にホットで飲んで差し支えないと判断できれば、電子レンジで加熱したり、お湯で割ったりしてホット青汁を楽しみましょう。

また、非加熱処理の青汁でもアイスばかりでは飲みづらい場合がありますよね。条件を守って温かくすることは可能です。

酵素が損失される温度は50~70℃(ホットコーヒーくらいの熱さ)とされていますので、40℃前後に温かくして飲むのは問題ありません。酵素の損失を防ぐことができます。

ホットにしたら全ての栄養素が少なくなるの?

加熱処理タイプの青汁を温めすぎてしまった場合、全ての栄養素が少なくなってしまうのでしょうか?

いいえ、熱に弱い栄養成分はいくらか損失されてしまいますが、それ以外の栄養素はしっかり残っています。

特に青汁の原材料に豊富に含まれる、カロテン、ビタミンE、ミネラル、食物繊維は熱で破壊されない栄養素なので、安心してください。

非加熱処理タイプは加熱処理タイプより、手間のかかる製法のため、お値段もやや高めです。

酵素は生鮮食品に多く含まれ加工食品やアルコールをよくとる人が不足しやすいため、非加熱処理タイプの青汁は野菜不足や不規則な食生活の人におすすめです。

栄養価の高い非加熱タイプ、リーズナブルな加熱タイプ、どちらが良いかは青汁を飲む目的やお好みで選んでください。

上手に青汁を活用して

1-024-ホット厳禁の青汁があるって本当?お湯割りに適さない青汁とは03

青汁に限らずどんな食材でも調理の段階で、栄養素の損失が起こります。

少しでも栄養価の低下を防ぐには、その食品の弱点に合わせた調理法をとると良いですね。

でも冷たい青汁で体を冷やしてしまっては逆効果です。効率良く効果が出るように上手に青汁を活用しましょう。

美味しいと評判の青汁をランキングで紹介。あなたにピッタリの青汁はこちらから上(↑)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ