飲むだけで美肌美人?青汁に含まれるヒアルロン酸の特徴と効果

青汁 ヒアルロン酸

保水力がとても高く、美容効果にも優れているので、化粧品やサプリメントの成分としても人気の高いヒアルロン酸。美容整形の際にも使われているので、知っているという人も多いのではないでしょうか。

ヒアルロン酸は普段の食事からでも摂る事はできます。ただ、しっかり毎日摂るのであれば、健康食品を上手に利用するとよいでしょう。

こちらでは、ヒアルロン酸の健康効果と摂る時のポイントを説明したいと思います。目元のくすみやクマが消え、美しくハリのある肌に近づくことができますよ♪

男女11人で青汁を飲み比べ!美容効果の高い青汁を徹底比較しました。

ヒアルロン酸とは

6-015-飲むだけで美肌美人?青汁に含まれるヒアルロン酸の特徴と効果01

ヒアルロン酸は細胞の水分を保ち、柔軟性を与えている成分。体中のあらゆる組織に存在しており、特に皮膚、関節(軟骨)、目の硝子体に大量に含まれています。

ヒアルロン酸の特徴は高い保水性。1gで約6Lもの水分を蓄えることができます。ただし、ヒアルロン酸は加齢と共に減少する成分、60歳頃の生成量は20歳の半分以下と、かなり少なくなってしまいます。

そのため、中高年以降に関節の炎症やシワが増えるのはヒアルロン酸の減少が影響しています。

ヒアルロン酸の健康効果

ヒアルロン酸には次のような健康効果があります。

  • 関節の動きをサポート…軟骨を形成して関節のクッション機能を高める

  • シワ・たるみ予防…皮膚のコラーゲンをつなぎとめ、ピンと張った肌を保つ

  • 乾燥肌の改善…肌に水分を与える

  • ドライアイ予防…硝子体の水分を保ち目の乾燥を防ぐ

ヒアルロン酸を補うには

6-015-飲むだけで美肌美人?青汁に含まれるヒアルロン酸の特徴と効果02

ヒアルロン酸は食品から補うことができます。鶏や魚の皮、豚足、フカヒレ、すっぽんに多く含まれていますよ。また、皮膚や関節のためには、ある程度のヒアルロン酸が必要。

ただし、上記の食品をたくさん食べても十分な量を摂るのは難しいんです。摂るならば、健康食品の併用がおすすめ。

また、ヒアルロン酸だけ摂っても効果は発揮されません。ヒアルロン酸が体内で使われるためには、亜鉛とマグネシウムも必要。

亜鉛、マグネシウムが多い食材はこちら

  • 亜鉛…牡蠣、レバー、牛肉
  • マグネシウム…しらす干し、大豆製品、貝類

青汁でヒアルロン酸の効果を高めよう

6-015-飲むだけで美肌美人?青汁に含まれるヒアルロン酸の特徴と効果03

このほかにも、ヒアルロン酸の効果をより高めるためには、ビタミンやミネラルもバランスよく摂っておく必要があります。また、関節の悩みを持つ人には、ヒアルロン酸入りの青汁をおすすめします。

青汁には、亜鉛・マグネシウムをはじめ、ビタミンやミネラルがバランス良く含まれています。ヒアルロン酸を含んだ青汁を毎日飲むことで、着実に効果を感じられるようになりますよ。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ