青汁を飲むと歯が緑色に変わるって本当!?歯の着色汚れについて

青汁 歯の色

真っ白できれいな歯に憧れますよね。歯の色が変色していると印象まで変わってしまうもの。

ただ、毎日しっかり歯磨きしていてもタバコやコーヒーを飲んでいる人は歯が黄色く着色してしまいがち。

これは食べ物や飲み物に含まれる色素が歯に付着してしまうために起こる「ステイン」の仕業。

ほかにも、色の濃い飲み物や刺激の強い食べ物も着色しやすいので注意が必要です。それでは、色の濃い緑色の青汁を飲み続けても歯は変色することはないのでしょうか?

歯が着色しないための方法も一緒に見ていきましょう!

ステインとは

2-016-青汁を飲むと歯が緑色に変わるって本当!?01

歯の表面は、唾液中のたんぱく質で形成されたペリクルという薄い膜で覆われています。この薄い膜が歯を守る役目を果たしています。

ただ、ペリクルは着色しやすく、タバコのヤニ、紅茶やコーヒーなどのタンニンが歯の表面に付着すると徐々に着色していき、くすみや黄ばみの原因になります。

着色したペリクルはそのまま蓄積されていき、色が徐々に濃くなっていきます。

これがステインと呼ばれる着色汚れになり、一度付着したステインは歯磨きでは落とすことができません。

まるで頑固な茶しぶみたいなものです。こうなったら歯科医でステイン除去してもらうしかありません。

ステインの原因になる成分

ステインの原因になりやすいのはポリフェノール、ニコチン、タールです。ニコチンやタールは煙草に含まれる成分で、歯が黄ばんでしまう「ヤニ汚れ」の原因になっています。

ポリフェノールというのは植物に含まれる色素の総称です。タンニン、アントシアニン、カテキンなどがありますね。

抗酸化作用があり健康に良いことでよく知られていますが、ポリフェノールは色素が歯に着色しやすく、歯にとっては迷惑な成分です。

ステインの原因になる食品

2-016-青汁を飲むと歯が緑色に変わるって本当!?02

ステインの原因になりやすい食品とその成分を挙げてみました。

・煙草…ニコチン、タール
・コーヒー…クロロゲン酸(ポリフェノール)
・日本茶 紅茶…カテキン、タンニン
・赤ワイン…アントシアニン タンニン 
・ブルーベリー ぶどう…アントシアニン
・ウコン…クルクミン
・チョコレート…エピカテキン
・バナナ 柿…タンニン

青汁を飲んだら歯が緑色になる?

上記でも紹介していますが、色の濃い食べ物や飲み物はステインの原因になりやすく、気をつけなければいけません。

青汁の場合、野菜を搾っただけのシンプルな飲み物で色も濃い緑色です。

青汁を飲む人の中には「青汁を飲み続けたら歯が緑色に変色するのでは」と心配をしている人もいますよね。

しかし、青汁で歯が変色することはありません。これには理由があり、青汁の特徴的な緑色のもとになってるのは葉緑素(クロロフィル)という成分です。

葉緑素はステインの原因にならないので歯が緑色に染まることはありません。ただし、茶が配合されている青汁はタンニンやカテキンを含むのでステインの原因になる場合があります。

緑茶などを主原料としていなければ、青汁に含まれるタンニンやカテキンの量は多くないので、心配する必要はありません。

また、コーヒーや日本茶は特にステインができやすい飲み物なので、代わりに青汁を飲むようにするとステイン予防にも効果がありますよ。

ステインの対策法

2-016-青汁を飲むと歯が緑色に変わるって本当!?03

ステインを予防するためには、原因となる食品を控えることも対策にはなりますが、食後に歯をきれいにすることが効果的です。

対策法

・食後に水を飲むか口をすすぐ
・歯磨きをする(ただし、食後すぐの歯磨きは歯の表面を傷つけるのでNG、食後30分以上経過してから磨くようにしましょう)
・ガムを噛む
・歯を傷つけない(強い力でこすらない)

歯の汚れはそのままにしていると落ちにくくなります。ステインが蓄積する前に汚れを落としてください。

お口の健康のために、青汁を飲んだ後も歯磨き等をお忘れなく。

口コミでも大人気!おすすめの青汁をランキング形式で紹介(←)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ