青汁で肌荒れが改善!?驚きの美容効果とは!

青汁 肌荒れ 改善

豊富な栄養素を手軽に補える青汁には、肌荒れ改善などの美容効果があると、女性なら一度は耳にしたことがありますよね。

でも、実際にどんな美容効果があり、どのように肌荒れを改善してくれるのかは知らないはずです。

また、高い化粧品を使ったり、皮膚科に通ったりなど、あらゆるケアをしても肌荒れを改善できなかった女性は、青汁を飲むだけで効果があるなんて信じられないかもしれません。

しかし、青汁には肌荒れを改善する確かな効果がいくつも認められています。

ここでは、青汁が肌荒れ改善にどのような効果を発揮してくれるかについてご紹介していきます。

青汁の肌荒れ改善の効果を詳しく知るために、まずは肌荒れについて見ていきましょう。

肌荒れってどんな状態?

肌荒れとは?

ニキビや吹き出物ができたり、痒みや湿疹が出るなど、肌荒れの症状はさまざまです。

このような症状が出ているとき、肌の状態は大きく2つに分けることができます。

ひとつは、皮膚表面にある角質層の水分が足りていない状態です。角質層の内側は、細胞が何層にも積み重なり、皮膚の水分を保つ働きをしています。

この保湿機能が正常でないと肌の水分量を保てずに乾燥した状態になるのです。

2つ目は皮脂が過剰に分泌されている状態です。皮脂は、汗などが混ざることで「皮脂膜」になって、紫外線などの外的刺激から肌を守る役割があります。

しかし、何らかの原因で肌のバリア機能が低下すると、いつも以上に皮脂が分泌されて肌表面が脂っぽい状態になるのです。

このように、肌が荒れているときは、乾燥しているか、必要以上に皮脂が分泌されているかのどちらかの状態だと考えることができます。

では、どうして肌はこのような状態になってしまうのでしょうか。次は、肌荒れが起こる原因について詳しく見ていきましょう。

肌荒れは何故起こるの?

青汁 肌荒れ 原因

肌荒れで悩む人の多くが、「食生活が乱れている」、「生活習慣が乱れている」、「アレルギー体質」のいずれかに当てはまるはずです。これが元となり、肌荒れのさまざまな原因を引き起こしているのです。

食生活の乱れからくるもの

外食やコンビニのお弁当ばかりという食生活の人は、野菜が不足していて十分に栄養が摂れていません。

これが、肌に大きな悪影響を及ぼすことになるのです。

ビタミン不足

肌荒れ ビタミン不足

野菜をしっかり摂っていないと、ビタミンが不足してしまいます。

特にビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEは美しい肌を作る上で欠かすことができないものです。

ビタミンAが不足すると、皮膚表面の細胞にケラチンが沈着して硬くなる角質化が起こります。すると肌に潤いがなくなり乾燥してしまうのです。

また、ビタミンBの不足は、皮脂の過剰分泌に繋がります。過剰に分泌された皮脂は、毛穴に詰ってニキビの原因となります。

さらに、ビタミンCが不足すると、肌に潤いを与えるコラーゲンを体の中で生成できなくなります。

その結果、肌のガサつきやゴワつきなどのトラブルを引き起こしてしまうのです。

そして、人の体をサビさせる活性酵素を抑制するビタミンEが不足すると、体の酸化が進行します。それが、肌の抵抗力の低下に繋がってしまうのです。

腸内環境の悪化

肌荒れ 腸内環境 悪化

肉類や脂っこいものばかりの偏った食生活をしている人は、腸内環境が悪化していると考えられます。

腸内環境は肌のコンディションに大きな影響を与えます。

腸内環境を良好に保つためには、腸に生息している悪玉菌の数を減らし、善玉菌を優位にしなくてはなりません。

肉類や脂っこいものは消化が悪いために腸の中で腐敗し、悪玉菌のエサになります。

結果的に悪玉菌が増えてしまい、腸内の免疫細胞の働きが悪くなるのです。

腸には体の免疫細胞の7割が集中しています。その働きが悪くなると抵抗力が著しく低下し、ニキビの原因となるアクネ菌などの過剰増殖に繋がるのです。

また、腸内環境の悪化は便秘を引き起こします。人は便と共に体に溜まった老廃物を排出しています。

そのため、便秘になると体の中に老廃物が溜まってしまうのです。それが、血液を通して肌に届き、吹き出物などの元になります。

生活習慣の乱れによるもの

食生活と同様に肌に影響を与えるのが、毎日の生活習慣です。過度のストレス、睡眠の問題が肌荒れの原因となっていることも珍しくありません。

過度のストレスによるホルモンバランスの乱れ

肌荒れ ストレス

仕事や家事などで忙しい毎日を送る現代の女性は、多くのストレスを抱えています。

人は過度にストレスを感じると、ホルモンの分泌に司令を出す脳の働きが弱まり、ホルモンのバランスを崩してしまいます。

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

美しい肌を保つためには、美のホルモンとも呼ばれるエストロゲンが、正常に分泌されていなくてはなりません。

エストロゲンは、肌のハリや潤いを保つ美容成分であるコラーゲンやエラスチンを体内で合成する働きがあります。

ですから、ホルモンのバランスが崩れ、エストロゲンが正常に分泌されていない状態になると、肌がハリや潤いを保つことができずに乾燥してしまうのです。

また、ホルモンのバランスは新陳代謝にも大きな影響を与えます。

ですから、過度にストレスを感じると代謝が下がり、肌を再生する力も低下してしまいます。その結果、皮脂の過剰分泌が起こってしまうのです。

質の良い睡眠が取れていない

肌荒れ 睡眠不足

人の体には、ケガや疲労などを回復する自然治癒力が備わっています。

そして、その自然治癒力が最も発揮されるのは、眠っているときです。これは、肌に関しても同様のことが言えます。

肌の再生であるターンオーバーは、脳から成長ホルモンが分泌されることで起こります。

この成長ホルモンが最も多く分泌されるのが眠っているとき、しかも熟睡中なのです。

ですから、不眠症や睡眠不足はもちろん、睡眠時間を長く取っていても、質の良い睡眠でないと成長ホルモンが十分に分泌されずに、肌の再生を正常に行うことができません。

食べ過ぎやストレス、パソコンでの長時間の仕事などは、乱れた生活習慣は、質の高い睡眠の妨げになります。

それが、肌の自然治癒力を奪い、肌荒れに繋がるのです。

アレルギーによるもの

花粉症やアトピーなどのアレルギーも、湿疹や皮膚炎といった肌荒れを引き起こす原因になります。

外部刺激への過敏反応

肌荒れ アレルギー

人の体には、さまざま刺激から身を守る免疫システムが備わっています。

これは、細菌やウイルスなどの異物が体内に入ったときに撃退する必要不可欠なシステムです。

しかし、アレルギー体質の人は、本来は無害な物質や、わずかな異物に対して過剰に免疫システムが働いてしまいます。

これにより、湿疹や皮膚炎など、自分の体に害のある症状を引き起こしてしまうのです。

ですから、アレルギーの悪化、つまり異物に対する反応が過剰になればなるほど、湿疹や皮膚炎などの肌荒れが酷くなります。

以上が肌荒れの原因として考えられることです。肌荒れで悩む女性は、いずれかに心当たりがあったはずです。

肌荒れの原因の7割は、今説明をしたような体の中で起こっている内的要因によるものです。

だからこそ、化粧水やクリームで外からケアをするのではなく、青汁で体の内側からケアすることが効果的なのです。

青汁の肌荒れ改善効果とは

青汁 肌荒れ

青汁には肌荒れを改善する効果が多くあります。具体的にどのようなものかを見ていきましょう。

食生活の乱れによる栄養不足の解消

食生活を見直して、肌荒れを改善するだけの栄養素を食事から摂り入れるのは簡単なことではなりません。その問題を解決してくれるのが青汁です。

ビタミンを豊富に補う

栄養素が豊富な青汁を飲めば、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEを同時に補うことができます。

ビタミンAには皮膚や粘膜を丈夫にし、肌の免疫力や抵抗力をアップルする働きがあります。

紫外線などの外的刺激から守ることで、潤いのある肌を保つことができるのです。

ビタミンBにはターンオーバーを活発にさせ、細胞の再生を促す効果があり、皮脂が過剰に分泌されるのを防いで肌のコンディションを整えます。

脂っこい料理が好きな方なども、ビタミンBを効率良く摂り入れることができます。

ビタミンCは、体内でコラーゲン生成する働きをします。タンパク質のひとつであるコラーゲンは、肌の下にある真皮を構成しています。

肌のハリや潤いの元となる真皮が構成されることで、美しい肌を保てるのです。

ビタミンEは、体をサビさせる活性酵素を減少させ、肌の酸化を防ぐ働きがあります。

さらに、ビタミンEは肌への浸透力が良く、肌を保護するバリア機能としての効果を持っています。

体の内側と外側からの健やかな肌作りをしてくれるのです。

青汁を飲むだけで、これだけ多くのビタミンを補うことができ、肌荒れの改善に効果を発揮してくれるのです。

腸内環境を良好に保つ

青汁には良好な腸内環境を作る上で欠かすことができない、食物繊維が豊富に含まれています。

肌荒れ改善のためには、体の中に溜まった老廃物を排出する必要があります。老廃物は、血液を通り肌に届き、吹き出物などの原因になるからです。

食物繊維は水分を吸うことで腸の中でカサを増し、便の排出を促す蠕動運動を活発にさせます。

ですから、体の中に老廃物を溜めることなく、便と一緒にスムーズに排出できるのです。

また、悪玉菌のエサになる老廃物を排出することで、悪玉菌の増殖を防ぐ効果もあります。

さらに、食物繊維は善玉菌のエサにもなります。悪玉菌が減り、善玉菌が増えれば、腸内の免疫細胞の働きが良くなり、免疫力が上がります。

そうなれば、ニキビの原因となるアクネ菌などが撃退できるのです。

野菜不足で食物繊維が不足している人も、青汁を飲めば腸内環境を良好に保つことができます。

生活習慣の悪化による原因を解消

青汁 肌荒れ おすすめ

忙しい毎日の中で過度のストレスを感じたり、不規則な生活が原因で満足な睡眠が取れていない人は多いでしょう。青汁は、そんな悩みにも一役買ってくれます。

ストレスに強い体を作る

肌荒れ改善のためにはストレスに強い体を作る必要があります。

過度のストレスを感じると、脳の働きが弱くなり、美のホルモンであるエストロゲンが正常に分泌されません。それが、肌荒れの大きな原因になるのです。

ストレスに強い体を作る上で欠かすことができないのが、青汁に豊富に含まれるビタミンCです。

人は過度のストレスを感じると、交感神経が緊張状態になります。

その状態から体を守るため、腎臓の上部にある副腎から、ストレスに対抗するホルモンが分泌されます。

この抗ストレスホルモンを生成するのがビタミンCなのです。

青汁でビタミンCを十分に補い、ストレスに負けない体を作れば、美のホルモンであるエストロゲンを正常に分泌することができます。美しい肌を保つことができるのです。

睡眠の質の改善

日本人の睡眠の質は、世界的に見ても低いと言われています。

食べ過ぎや疲労、パソコンによる目の疲れ、ストレスなどが原因で満足な睡眠が取れていないのです。

肌の再生であるターンオーバーを促す成長ホルモンは、主に眠っているときに分泌されます。

しかも、眠りが深いほど、成長ホルモンは多く分泌されるのです。つまり、質の高い睡眠を取れていないと、正常な肌の再生が行われません。

質の高い睡眠を取るためには、ケールの青汁に含まれるメラトニンを補う必要があります。

メラトニンは睡眠ホルモンと呼ばれるものです。脳からも分泌されるメラトニンは、体内の量が増えるほど、深い眠りに入ることができます。

ケールの青汁でメラトニンを補えば、ターンオーバーがしっかりと行われる質の高い眠りを手に入れることができるのです。

アレルギーの緩和

青汁 肌荒れ改善

青汁を飲んでもアレルギーを根本的に解決することはできません。ですが、青汁にはアレルギーの症状を改善する効果が認められています。

外的刺激への過剰反応の緩和

青汁の原料に使われている野菜の中でも、栄養素が高いと言われているのがケールです。

ケールには、ポリフェノールの一種であるフラボノール配糖体という成分が含まれています。

このフラボノール配糖体には、免疫細胞のアレルギー反応を大幅に減少させる効果あります。

アレルギーは外的刺激に、免疫細胞が過剰反応することで起こります。そしてそれが、湿疹や皮膚炎などの症状を引き起こすのです。

フラボノール配糖体を含むケールの青汁を飲むことで、細菌や花粉などの外的刺激への過剰反応を緩和することができます。

つまり、アレルギーが原因の湿疹や皮膚炎といった肌荒れの症状を改善することに繋がるのです。

また、ケールの青汁は、肌の水分量を向上させる効果もあります。

アレルギー体質の人は、肌の水分量が少なく、外的刺激から肌を守る皮膚バリア機能が低下しています。

肌の水分量が増えることで、バリア機能が向上し、肌荒れの原因となる細菌や花粉などの侵入を防ぐことができるのです。

以上のように、青汁にはあらゆる肌荒れ改善効果があります。

食生活や生活習慣の乱れ、そしてアレルギーなど、本来なら根本的に解決するのは非常に困難なものばかりです。

しかし、青汁を毎日の生活に取り入れることで、手軽に肌荒れの改善を目指せます。

では次は、100種類以上も販売されている青汁の中から、どのようなものを選べばいいのかについて考えてみましょう。

それぞれの悩みに合った青汁を選ぶ

青汁 選び方

青汁は使われている原料や商品によって、含まれる栄養素や成分に違いがあり、効果も異なります。

ですから、自分の目的に合った青汁を選ばくなくてはなりません。

先ほど、「睡眠の質の改善」と「アレルギーの緩和」には、ケール青汁が効果的だと説明したのもそのためです。

ケールは睡眠ホルモンであるメラトニンが豊富に含んでいます。トウモロコシもメラトニンを多く含むことで知られてしますが、ケールにはその30倍近い含有量なのです。

さらに、アレルギー反応を緩和させるフラボノール配糖体が豊富に含まれているのも、ケールが原料の青汁だけです。

ですから、睡眠の問題、アレルギーが原因で肌荒れを起こしている人は、ケール青汁を選ぶといいでしょう。

そして、ビタミン不足の解消、腸内環境を改善したい人は、明日葉の青汁を選ぶと効果が期待できます。

明日葉には、さまざまな種類のビタミンがバランス良く含まれています。さらに、食物繊維も他の原料と比較すると最も多く含まれているのです。

しかし、青汁は原料だけで選ぶものではありません。原料の栄養素とは別に、さまざまな成分をプラスしている商品が多くあるのです。

乳酸菌やオリゴ糖がプラスされた青汁であれば、腸内環境を良好にしたい人には最適です。

他にもコラーゲンやヒアルロン酸などの美肌成分をプラスしている青汁もあります。より直接的に美肌を目指すこともできるのです。

自分に合う青汁を見つけたら、後は実際に購入して後むだけです。でも、青汁はどのタイミングで飲むのが効果的なのかという疑問を持っている人もいるでしょう。

青汁はいつ飲むのが正解なの?

青汁 飲み方

青汁は医薬品ではなく、健康食品なので飲むタイミングに決まりはありません。しかし、いつ飲むかによって、得られる効果に違いが出るのです。

栄養を効率良く吸収したいなら

ビタミンやアレルギー改善に効果的なフラボノール配糖体など、栄養素を補うことを目的としている人は、朝起きてすぐに飲むのが効果的です。

眠っている間は、多量の汗をかき、エネルギーを思っている以上に消費しています。

そのため、起きたばかりの体は栄養素を必要としており、吸収しやすい状態になっているのです。

このタイミングで青汁を飲めば、不足しているビタミンやフラボノール配糖体などを、効率良く補うことができます。

ただ、目覚めの空腹時に冷たい青汁を一気に飲むと腸に負担がかかり過ぎることがあります。

常温にするか、冷たい場合は少しずつ飲むように心がけましょう。

腸内環境を良好にしたいなら

便秘を解消して腸内環境を良好にしたい人は夜に青汁を飲むが効果的です。

排便は朝に行うのが理想的だと言われています。朝に青汁を飲んで食物繊維を摂り入れても消化に時間がかかり、すぐには便秘解消の効果は出ません。

夜のうちに青汁で食物繊維を摂り入れて、腸を動かしておくことで、目覚めたときにスムーズに排便へと促してくれるのです。

質の高い睡眠を得たいなら

不眠症の改善、睡眠の質の向上を目的としている人は、寝る前に青汁を飲むと効果的です。

ケール青汁に含まれるメラトニンは自然に眠りへと促す睡眠ホルモンです。

夜になると分泌量が増えますが、不眠症や睡眠の質が低い人は、正常に分泌されていないのです。

寝る前に青汁でメラトニンを摂り入れることができれば、自然に眠り入ることができ、不眠症の改善や睡眠の質の向上に繋がるのです。

しかし、寝る直前に青汁を飲んでしまうと、食物繊維を消化するために腸が活発に動きます。

それが、眠りを妨げる場合もあるので、布団に入る1時間前までには飲むようにしましょう。

以上のように、青汁は目的によって飲むタイミングを変えれば、より求めている効果を得ることができます。

自分の目的を明確にして、いつ飲むかを決めるといいでしょう。

青汁で体の内側から肌荒れ改善をしよう

肌荒れ ニキビ 青汁

仕事や家事、育児などで忙しい毎日を送る現代の女性の多くが肌荒れに悩んでいます。

女性にとって肌荒れの悩みは非常に深刻です。肌の状態ひとつで、見た目年齢や印象が大きく変わってしまうからです。

しかし、大半の女性が化粧品などを使って外からのケアばかりを行っています。

肌荒れの原因の7割は体の内側にあるので、どれだけ高い商品を使っても大きな効果は得られません。

だからこそ、体の内側からケアをしてくれる青汁が効果的なのです。

これまで、さまざまなケアをしても、肌荒れが改善できなかった女性は、すぐにでも青汁を飲み始めてみましょう。

青汁なら、キレイでな肌で若々しい見た目を手に入れられるはずです。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ