翌朝死ぬほど辛い二日酔いに効果的!予防と改善に青汁を飲もう!

青汁 二日酔い

「飲みすぎてつらい二日酔い」お酒を好む人なら誰でも経験したことありますよね。

二日酔いになった日は、もうお酒をやめようと思うほど。しかし、また何度も同じ事を繰り返してしまい、次の日の朝は最悪の気分……。

頭痛や吐き気で辛い二日酔いですが、ならない為の予防と改善方法はあります。しっかり実践するだけで二日酔いとは無関係のライフスタイルを手に入れることができるんです。

まずは、二日酔いになるメカニズムを知ると共に、二日酔いの予防に効果的な青汁の効果についても見ていきましょう!

飲酒で酔うメカニズム

3-036-翌朝死ぬほど辛い二日酔いに効果的!予防と改善に青汁を飲もう!01

飲酒をすると、アルコールの作用で「酔い」が起こります。アルコールが脳までまわるとリラックス効果が得られ、楽しい気分になります。

ただし、飲酒の量が増えて血液中のアルコール濃度が高くなると、運動機能や理性がまひしてしまいます。千鳥足になったり、記憶をなくしたりといった状態ですね。

顔が赤くなったり、心臓がドキドキするのは、アルコールが肝臓で分解されて生じた「アセトアルデヒド」による作用です。アセトアルデヒドは有毒成分。飲酒した時の悪酔いを引き起こす犯人でもあります。

二日酔いとは

アルコールが少量だったり肝臓での分解がスムーズであれば、アセトアルデヒドは速やかに水と二酸化炭素に分解されます。長く酔いが残ることはありません。

しかし、前夜の飲酒が原因でアセトアルデヒドが翌日まで残ったままだと、二日酔いで苦しむことになります。

頭がガンガン痛むのはアセトアルデヒドの毒性が強いため。ほかに吐き気、胃の炎症、喉の渇き、震えなどの症状があります。

後悔する前に二日酔い予防をしておきたいですね。

二日酔いの予防と改善

3-036-翌朝死ぬほど辛い二日酔いに効果的!予防と改善に青汁を飲もう!02

二日酔い対策として「二日酔いになる前の予防策」と「二日酔いになった後の改善策」を覚えておくと良いでしょう。

二日酔いの予防

  • 飲酒の前に緑茶を飲む
  • お酒はゆっくり飲む
  • 一緒に食べ物を胃に入れる
  • 水をこまめに摂る
  • ビタミンやミネラルを摂る

二日酔いの改善

  • 水分補給をする
  • ビタミンB1、ナイアシン、ビタミンCを摂ってアルコール分解を促進
  • アルコール分解で不足するブドウ糖を摂る
  • アミノ酸を摂って肝臓機能を高める

ナイアシン不足に注意

飲酒すると多くのビタミンやミネラルが消耗されてしまいます。特にビタミンの一種ナイアシンはアルコールの分解にかかわっているため不足が起こりやすくなります。

ナイアシンが不足するとアセドアルデヒドが体内に残るようになり、二日酔いをしやすくなってしまいます。

よく飲酒する人は意識してナイアシンを多く摂るようにしてください。食品ではかつお、レバー、きのこ類、ナッツ類に多く含まれます。

青汁はナイアシンをはじめビタミン、ミネラル、アミノ酸をバランス良く含んでいるので二日酔い対策におすすめです。

青汁で二日酔い対策をしましょう

3-036-翌朝死ぬほど辛い二日酔いに効果的!予防と改善に青汁を飲もう!03

二日酔いを起こしやすい人は普段から青汁を飲んで肝機能を高めておくと良いでしょう。特にケールの青汁がおすすめ!ケールに含まれる栄養成分はほかの野菜からでは摂りにくい成分が多く含まれています。

ケールの青汁が二日酔いを予防する成分

  • ビタミンU…胃を丈夫にする
  • スルフォラファン…肝機能を高める

また、ケールはアセトアルデヒドの分解を促進させる作用があるといわれ、飲酒の前に飲むと悪酔いや二日酔いが起こりにくくなります。目にも鮮やかな青汁の焼酎割りも良いですね。

飲酒後や二日酔い中にも青汁を飲んでください。体に不足している水分とビタミン、ミネラルをすみやかに補給し、不快な症状をやわらげていきます。ブドウ糖を補うために青汁に甘みをつけるのも良いでしょう。

飲む前と飲んだ後に1杯の青汁で楽しいお酒にしましょう。もちろん飲み過ぎにも注意してくださいね。

売れている青汁はこれ!おすすめの人気青汁ランキング(←)こちらのランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ