ダイエット効果の高い青汁ランキング

最近お腹がポッコリ、ダイエットはしたいけど運動するのは面倒くさい、リバウンドせずに痩せたい!そんな人におすすめなのが青汁です。青汁の中には糖や脂肪の吸収を穏やかにする成分、ダイエット効果の高い栄養素を含んだものが存在します。それでは、美味しく飲めて無理せず痩せられる青汁を紹介していきます♪

ふるさと青汁(マイケア)

ふるさと青汁
価格 1杯あたり約86円
主な原材料 明日葉、大麦若葉、桑の葉
内容量 30包入り(1ヶ月分)+14包プレゼント

  • 明日葉に含まれるカルコンは肥満予防、ダイエットに効果的!
  • お腹の調子を整えて便秘解消にも効果的な食物繊維をたっぷり配合
  • 抹茶風味だから飲みやすい!販売数1億杯を突破した青汁です

むくみ・ぽっこりサヨナラ!カラダに溜まる老廃物もスッキリ!ダイエット効果の高いデトックス系青汁

ふるさと青汁の主原料となっている明日葉は様々な栄養が含まれている緑黄色野菜です。中でも明日葉特有の有効成分カルコンは体内に溜まる老廃物を体外に排出する働きがあり、デトックス効果・ダイエット効果も抜群。

また、ふるさと青汁にはカリウムも多く含まれているのでカラダの中に溜まった水分もスッキリ。むくみ解消にも効果的な青汁です。今なら全額返金保証付き+2週間分の増量キャンペーンを実施中。

※Web申込限定で2週間分のお試しサンプルが付いてきます。

大麦若葉青汁 キトサン(大正製薬)

ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン
価格 1杯あたり約33円
主な原材料 大麦若葉末、還元麦芽糖、抹茶、キトサン(カニ由来)
内容量 30包入り(約1ヶ月分)

  • キトサン配合なので、ダイエットにも効果的!女性にも人気
  • コレステロールが気になる人へ!特定保健用食品(トクホ)の青汁
  • 1杯あたり約33円。1ヶ月分が今なら1000円で購入できます

油っこい食事や身体に溜まりやすい脂肪分をブロックするキトサン配合!ダイエットにも効果的な特定保健用食品(トクホ)の青汁

ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサンは製薬会社として有名な「大正製薬」が販売する特定保健用食品(トクホ)の青汁です。

コレステロール値の低下やダイエット効果も期待できるキトサンを380mgも配合しているので油っこい食事や脂肪たっぷりのお肉を食べても安心。

また、キトサンは脂肪の吸収を抑える効果があるとして、ダイエットサポート商品「カロリミット」にも使われている食物繊維です。実は大正製薬の青汁に含まれているキトサンの含有量はカロリミットの約3倍以上!ダイエットを頑張る女性には特におすすめしたい青汁。

ダイエット以外にもコレステロール値や血圧が気になる人にも効果的です。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ(コーワ)

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ
価格 1本あたり約72円
主な原材料 黒糖、ココナッツの花蜜、クマイザサ粉末、寒天、抹茶
内容量 30包入り(約1ヶ月分)

  • ぽっこりお腹もスッキリ!便秘解消に効果的な寒天や乳酸菌、食物繊維を配合
  • 美容効果の高いヒアルロン酸も配合している今話題の青汁
  • 新感覚ゼリータイプの青汁!抹茶と黒糖入りでとっても美味しい!

食物繊維や約40種類の植物発酵エキスに加え100億個の乳酸菌まで配合した新感覚ゼリータイプの青汁!

バンテリンやキャベジンなど数多くのヒット商品を手掛けてきた興和新薬が2015年10月より「ゼリータイプ」の青汁を販売しました。

食物繊維の豊富なクマイザサや寒天に加え緑黄色野菜の明日葉やケールなど約40種類の植物を発酵させたエキスも含まれています。

さらに、女性には嬉しいヒアルロン酸や乳酸菌まで配合された美容効果の高い青汁。味に関しても抹茶や黒糖が含まれているので青臭さや渋みなども感じません。

MachaSALA(マチャサラ)マハロ

マチャサラ
価格 1杯あたり約26円
主な原材料 大麦若葉粉末、抹茶加工品、乾燥野菜粉末
内容量 120g(約1ヶ月分)

  • 85種類に及ぶ酵素を配合!酵素が代謝を高めて脂肪を燃焼!
  • 植物性乳酸菌を5gあたり100億個も配合!便秘解消にも効果的です
  • 5種類のベリーを配合!甘酸っぱくて美味しいフルーツ味の青汁

5種類のベリーを配合しているから飲みやすくて後味スッキリ!脂肪の燃焼に効果的な酵素まで入ったダイエット青汁

株式会社マハロから発売されている「MachaSALA(マチャサラ)スリムサポート青汁」。5種類のベリーと21種類の野菜、2種類のスーパーフード(クロレラ・スピルリナ)が配合された栄養価の高いフルーツ青汁です。

また、ダイエットに効果的な成分「酵素」もマチャサラに配合。野菜だけでなく、果物や野草など85種類にも及ぶ酵素が含まれています。酵素は身体に必須の成分であり、基礎代謝量を高め、脂肪を燃焼するためにも必要。

さらに、腸内環境を整え便秘の解消にも効果的な植物性乳酸菌(EC-12菌)をたっぷり配合。5gあたりに含まれる乳酸菌の量は100億個と100gのヨーグルトと同等の量を1杯で補うことができます。

これだけ栄養価の高いマチャサラスリムサポート青汁ですが、1杯あたりたったの12kcal。ダイエット中の人も安心して飲むことができる青汁です。

めっちゃぜいたくフルーツ青汁(クラヴィス)

めっちゃぜいたくフルーツ青汁
価格 1杯あたり約23円
主な原材料 大麦若葉粉末、クマ笹粉末、明日葉粉末、植物発酵物乾燥粉末
内容量 30包入り(約1ヶ月分)

  • 人気モデル「ぺこ」が-10キロ痩せた!いま話題のフルーツ青汁
  • 181種類の酵素と腸まで届く乳酸菌をぜいたくに配合しています
  • 92.7%の人が効果を実感!無理せずカンタン青汁ダイエット

人気モデル「ぺこ」も-10キロ痩せた!181種類の酵素と乳酸菌をぜいたくに配合した話題のフルーツ青汁!

めっちゃぜいたくフルーツ青汁はりゅうちぇるの彼女であり、モデル・タレントとしても活躍している「ぺこ」愛用の青汁です。

181種類以上に及ぶ酵素と腸内までしっかり届く乳酸菌、コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタなどの美容成分までぜいたくに配合され、栄養価もバツグン。

ちなみに「ぺこ」は、めっちゃぜいたくフルーツ青汁を飲んで-10キロのダイエットに成功しました。そのためダイエット系青汁としても、めっちゃぜいたくフルーツ青汁は効果が期待できます。

今なら贅沢コースに申し込んだ人のみ、初回1ヶ月分(30包入り)が680円(税抜)で購入可能。※初回680円(税抜)で購入できる贅沢コースは、最低6回(6ヶ月)以上の継続が必要です。

本搾り青汁ベーシック(ファンケル)

ファンケル(FANCL)本搾り青汁
価格 1杯あたり約39円
主な原材料 ケール(国内産)、水溶性食物繊維、でんぷん分解物、植物性ツイントース
内容量 20包入り(約20日分)

  • 原料に使うのは緑黄色野菜の王様ケール(国産)だけ
  • カルシウムやミネラルの吸収率を高める植物性ツイントース配合
  • 化粧品や健康食品を販売するファンケルが作る青汁!

1本で1食分の緑黄色野菜が補える!ファンケルのこだわり青汁

無添加化粧品や健康食品などを取り扱うファンケルから販売されている「本搾り青汁」。ファンケルでは原料に相当なこだわりがあり、青汁に使っているケールは愛媛県・鹿児島県・長野県の3つの農家と契約しています。

3つの農家と契約することで、1年を通して最も鮮度の良いケールを青汁にする徹底ぶり。またファンケルでは、他社の青汁メーカーとは違い、独自の栽培・製造方法で青汁を作っています。

「ファンケルミネラル農法」は土壌に栄養を与えることで、ケールの嫌な苦味やえぐみを大幅に抑え、甘みや旨味のあるミネラル豊富なケールに育てあげています。

さらに「ファンケルマイルドテイスト製法」は、2種類の粉末加工を行うことで粉っぽさや青臭さを大幅に軽減。野菜をたっぷり使っているのに驚くほど飲みやすくなっています。

フレッシュフルーツ青汁(アイエヌケイ)

フレッシュフルーツ青汁
価格 1杯あたり約17円
主な原材料 オリゴ糖、大麦若葉、クマザサ末、明日葉末、酵母エキス
内容量 30包入り(約1ヶ月分)

  • 国産の野菜に加え、活きた酵素と植物性乳酸菌を配合
  • 10人中9人がリピートするほど好まれているフルーツ青汁
  • ダイエットの専門家と共同開発!だから他とは実感力が違う!

10人中9人がリピート!1包で100億個の乳酸菌と活きた酵素まで補えるフルーツジュースのような青汁

フレッシュフルーツ青汁はダイエット専門家(ダイエットアドバイザー)全面監修のもと、理想的なカラダ作りをサポートするために作られました。

フレッシュフルーツ青汁の特徴はなんといっても、112種類の酵素と100億個にも及ぶ乳酸菌を配合している点です。

とくに、フレッシュフルーツ青汁の酵素は他社の酵素商品とは異なり、活性を失っていない(失活していない)生の酵素を特殊な製法によって活きたまま配合しています。

失活していない生の酵素を補うことで、代謝酵素の働きを向上させ、脂肪の燃焼効果をより高めます。また、フレッシュフルーツ青汁に含まれる乳酸菌は胃酸や熱に強く、生きて腸まで届く植物性乳酸菌「ラクリス菌」と免疫力向上効果の期待できる「フェカリス菌:EC-12株」が含まれています。

健康的に痩せられる!?青汁ダイエット成功の秘訣を紹介!

ぺこや鈴木奈々、ダレノガレ明美やgenking(ゲンキング)などの有名芸能人やトップモデルにも人気の青汁。そんな青汁を使ったダイエット方法に興味津々という方も多いのではないでしょうか?

でも、
本当に青汁で痩せることができるの?
無理な食事制限などが必要な辛いものなの?
そもそも青汁って美味しく飲めるの?

こんな疑問を抱えているのでは無いでしょうか?

しかし心配する必要はありません。青汁ダイエットの人気の理由は無理なく、健康的に美しく痩せられることです。

今回は、理想のスタイルに必ず近づくことができる大注目の青汁ダイエットについてご紹介します。

青汁とはどんなもの?

テレビCMや新聞広告などで買える通販青汁だけでなく、スーパーやドラッグストア(薬局)など市販でも目にする機会の多い青汁ですが、どういった特徴を持っているのでしょうか。

豊富な栄養素を効率よく摂取できる

健康食品の代名詞とも言えるほど広く知られている青汁は「生の緑葉野菜を絞った汁」のことです。

原料として利用されることが多い、明日葉や桑の葉などの緑葉野菜には、食物繊維、ビタミンC、カルシウムなどの栄養素がバランス良く豊富に含まれています。

これらの栄養素は健康や美容にとって欠かすことができません。ですが、野菜消費量が年々減少し、欧米化した日本人の食生活では不足しているものばかりです。

例えば、食物繊維は1日におよそ20グラムの摂取が理想です。ですが、実際の摂取量は平均して14グラム前後と大幅に不足していることが厚生労働省の調べて明らかになっています。

毎日の食生活を根本から改善することは簡単なことではありません。ですが、青汁を普段の生活に取り入れることで、不足している栄養素を補うことができます。野菜不足の生活を送る現代人にとって青汁は理想の健康食品と言えます。

青汁で本当に痩せられる?ダイエット効果はあるのか!?

豊富な栄養素が含まれている青汁ですが、気になるのは肝心のダイエット効果です。スムージーなどと比べればカロリーも少なく、糖質も少ないのでダイエット効果は期待できそうですが、他にはどんな効果が期待できるのでしょうか?

どんな効果を発揮してくれるのか

青汁ダイエットが注目を集めているのは、多くの効果が期待できるからです。具体的にどんなダイエット効果を発揮してくれるのでしょうか。

便秘が解消される

痩せるために必要なことは無駄なものを体に溜め込まないことです。便秘が慢性化していると排出されるべき老廃物が体に溜まるいっぽうです。それが太る原因になってしまいます。

青汁には便秘解消に効果的な食物繊維が豊富に含まれています。毎日、不要なものをスッキリと排出できればダイエットを成功させることができるでしょう。

飲むだけで満腹感が得られる

食事の量を減らせば痩せるというのは誰もが理解していることです。ですが、無理な食事制限は心身ともに大きなストレスとなります。また、痩せた!と思っていても、無理な食事制限によるダイエットはリバウンドが起きやすいのです。

青汁には体内で水分を吸収し何倍にも膨らむ不溶性食物繊維が豊富に含まれています。そのため食前に飲めば、満腹感を得て食事の量を減らすことができるのです。空腹感で苦しむことも、栄養が不足することなくダイエットに取り組めるでしょう。

糖質と脂肪をエネルギーに変える

ダイエットの大敵といえば糖質と脂肪です。人の体を動かすエネルギーの元となる大切な栄養素ではありますが、余分に摂り過ぎたものは、エネルギーとして消費されることなく、体脂肪として体に溜まってしまいます。

そうならないためには、糖質と脂肪を効率良くエネルギーに変えることが必要です。

糖質や脂肪をエネルギーに変えるには消化酵素や分解酵素の働きが重要です。青汁に豊富に含まれるビタミンやミネラルには酵素の働きを助ける効果があります。つまり、青汁を飲むことで余分な体脂肪がつくことを防げるのです。

無理のない緩やかで健康的なダイエット

世間では「数日でマイナス○キロ!」という、インパクトのあるうたい文句がついたダイエット方法やサプリメントがいくつもあります。私はあのようなうたい文句すべてが嘘とは思いませんが、これらのダイエットは、即効性がある一方で健康や美容に悪影響を与えたり、リバウンドしてしまう可能性も非常に高いです。

先ほど説明した青汁のダイエット効果に即効性はなく、数日で劇的に体重が落ちることはありません。そのため短期間だけ使用して効果が出なかった人が「青汁はダイエットに効果なし」と決めつけてしまっている場合もあります。しかし、他のダイエットのように健康や美容に悪い影響を及ぼすこともありません。

青汁ダイエットは、継続することで緩やかではありますが確実に効果を得られます。さらに、短期間での無理なダイエットとは違い、リバウンドの心配もありません。そして何よりも、不足しがちな栄養素を補えるので、健康的でキレイに痩せることができるのです。

青汁にも含まれるダイエットに効果的な栄養素とは

野菜にはビタミンが豊富に含まれています。ビタミンはヒトの身体が正常に機能するために必ず必要となる栄養素であり、不足すると身体の様々な部分に悪影響を与えます。

特に代謝の働きを助ける補酵素の役割を果たしているビタミンは不足すると痩せにくく、太りやすい身体になってしまいます。

代謝に関係のあるビタミンはこちら

ビタミンB1
食事などで摂り込んだ糖質を効率よくエネルギーに変わる際、必要となる栄養素。ビタミンB1が不足すると食事で摂った糖質は脂肪として体内に蓄えられます。
ビタミンB2
食事などで摂り込んだ脂質を効率よくエネルギーに変わる際、必要となる栄養素。ビタミンB2が不足すると食事で摂った脂質は脂肪として体内に蓄えられます。
ビタミンB6
食事などで摂り込んだタンパク質をアミノ酸に分解したり、効率よくエネルギーに変わる際に必要となる栄養素。ビタミンB6が不足すると食事で摂ったタンパク質の代謝がうまく行われなくなり、皮膚や粘膜(肌荒れや口内炎)のトラブルを起こしやすくなります。また、脂質の代謝をサポートする役割もあります。

3大栄養素(炭水化物・脂質・たんぱく質)は身体と脳を動かすために必要不可欠な栄養素です。ただし、効率よくエネルギーに変わらなかった場合、3大栄養素は体内に貯めこまれ脂肪へと蓄えられてしまいます。

青汁ダイエットにはどんな方法がある?

青汁がダイエットに効果があることはお分かり頂けたでしょう。ではどういった方法で取り組むのが効果的なのでしょうか。

青汁ダイエットには3つの方法がある

青汁ダイエットには3種類の取り組み方があります。自分に合ったものを選ぶために、それぞれのダイエットの仕方についてみてみましょう。

これまでの生活に青汁を取り入れる

ダイエットといえば、無理な食事制限、激しい運動といったイメージがあります。生活習慣を大きく変える必要があるので本格的にダイエットに取り組む決心がつかない人も多いはずです。

しかし青汁ダイエットは、生活習慣を変える必要はありません。これまでの生活に青汁を取り入れるだけです。

朝、昼、夜、どのタイミングでも構いません、一日にコップ一杯から二杯の青汁を飲めばダイエット効果を得ることができます。

青汁を毎日摂ることで、糖質と脂肪を効率良くエネルギーに変えるビタミンとミネラル、便秘を解消する食物繊維などを不足することなく補うことができます。その結果、余分なものを溜めない体質が自然に作られるのです。

一食を青汁に置き換える

食事を一食抜けば大幅なカロリーカットになり、確実にダイエット効果を得られます。でも、食事を抜くことは簡単なことではありません。空腹感は大きなストレスです。必要な栄養も不足することになります。

そこで、朝食、昼食、夕食のうちの一食を青汁に置き換えるのです。食事を抜いても、青汁を飲めば豊富に含まれている水溶性食物繊維が胃の中で膨らみ満腹感を抑えてくれます。同時に豊富な栄養も摂り入れることができます。

食事を青汁に置き換えるダイエットであれば空腹のストレスを感じることも、栄養が不足することもありません。

青汁だけのプチ断食生活

短期間の断食を行うファスティングダイエットが若い女性を中心に流行しているのをご存知でしょうか。断食といっても、全く何も口にしないというものではありません。食事の代わりに低カロリーで栄養価の高いドリンク飲むというものです。

青汁はカロリーも低く、栄養も豊富に含まれており、ファスティングに適したドリンクの一つです。ファスティングに利用されることが多い酵素ドリンクよりも空腹感を和らげてくれることから、青汁を選ぶ方も多くいます。

ファスティングを行う準備として、前日は食べる量を減らし、胃腸を慣らしておくことが大事です。断食中の栄養は全て青汁で補います。もし、空腹感に耐えられないようであれば青汁を飲む量を増やしても問題ありません。体に負担をかけ過ぎないようにしましょう。

健康を維持したまま、短期間で結果を出したい方は青汁でファスティングにチェレンジするのもいいでしょう。

このように、青汁ダイエットは3種類の方法があります。どの方法が最適かは一概に言えません。自分の体質や性格、そして生活に合わせて選ぶのが成功の秘訣です。

また、ダイエット成功のためには、どの青汁選ぶかも重要になります。

どんな種類の青汁があるのか原料で比較

ダイエット中はカロリーや脂質、糖質の多い食事を控え、野菜を摂るのが良いというのは多くの人が知っていることだと思います。ただ、単純に野菜は低カロリーで脂質や糖質が少ないから食べれば(飲めば)痩せられると思ってはいませんか?

じつは野菜ならどれでも痩せられるという訳ではありません。摂る野菜によって栄養素や効果は異なります。そして青汁にも多くの種類があり、使用されている原料によって含まれる栄養素も大きく変わってきます。そのため、どれを選ぶかで得られる効果にも違いが出るのです。

ダイエット効果のある青汁とは

ダイエットを成功させるためには、ダイエット効果の高い明日葉や桑の葉、モリンガなどを原料に使っているものを選びましょう。また、添加物の1つ難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)を配合している青汁もダイエットに効果的です。

▼ 桑の葉
桑の葉には食物繊維などはもちろん、ダイエット効果が期待できるDNJ(デオキシノジリマイシン)やフラボノイドが豊富に含まれています。 デオキシノジリマイシンは食事で摂った糖質の吸収を抑えます。また、食後の血糖値の上昇を抑える効果まであるのです。このデオキシノジリマイシンの働きに加えて、フラボノイドが血液中のコレステロールや中性脂肪の排出を促す働きをします。 内臓脂肪の減少や肥満予防に効果が高いデオキシノジリマイシンとフラボノイドがダイエットを強力にサポートしてくれるのです。
▼ 明日葉
明日葉にもキレイに痩せるために欠かすことができない成分が豊富に含まれています。 その一つがカルコンというポリフェノールです。カルコンにはダイエットの大敵であるセルライトを減らす効果があります。さらに、体内に溜まった余分な水分を排出し、むくみを解消してくれるカリウムも豊富に含まれています。 明日葉の効果で、体にできたセルライトを除去し、むくみ解消できれば、単に体重を落とすだけでなく、キレイに痩せることができるでしょう。 また、明日葉に含まれるカルコンは脂肪細胞に働きかけてアディポネクチンの生成能力を高める効果があります。アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されている善玉ホルモンであり、アディポネクチンが増えることでメタボ(メタボリックシンドローム)予防に効果があります。
▼ モリンガ
モリンガは北インド原産の植物で別名「ミラクルツリー(奇跡の木)」と呼ばれるほど栄養価に優れた植物。ビタミンやミネラルが豊富に含まれているだけでなく、抗酸化作用に優れたビタミンEやポリフェノールも豊富。ポリフェノールはダイエット、デトックス効果に優れています。
▼ 難消化性デキストリン
特定保健用食品(トクホ)にもよく使われる体内で消化しにくい食物繊維。難消化性デキストリンは糖の吸収を穏やかにしてくれるので食後の急激な血糖値上昇を抑えることができます。糖尿病予防に効果が高いだけでなく、体脂肪の燃焼効果、ダイエットに効果的な成分です。

継続のために美味しいものを

青汁ダイエットで最も大事なことは継続することです。数日間飲んだだけでは効果を得ることができません。そのため、毎日でも飲みたいと思える美味しいものを選ぶ必要があります。

ひと昔前まで、青汁は苦くて不味いものというイメージがありました。しかし今は、飲みやすいものばかりです。フルーツ青汁、バナナ青汁といったジュース感覚で美味しく飲めるものまでコンビニなどでも購入することができます。

お試しセットが利用できるものも多くあるので、実際に味を確かめて、これなら続けられると思ったものを選ぶといいでしょう。

また、牛乳や豆乳に混ぜるなど飲みやすくアレンジしている方も多くいます。自分に合った飲み方を見つけることができれば、無理なく続けることができるはずです。

ダイエット効果がプラスされているもの

ここまで説明してきたように青汁には高いダイエット効果がありますが、さらにダイエットに特化した商品も登場しています。ダイエットに特化した商品はamazonや楽天などの通販サイト、アットコスメなどでも口コミの評判がよく、芸能人がブログで紹介していたりします。

乳酸菌で腸を活発に

もともと青汁には便秘の解消に効果的な食物繊維が豊富に含まれています。それにプラスして腸の働きを助ける乳酸菌が配合されているものがあります。

腸内の善玉菌を増やす働きをするのが乳酸菌です。善玉菌が増えれば、腸内環境は健康に保たれます。その結果、便の排出のために腸が活発に動き便秘が解消されるのです。

食物繊維と乳酸菌のダブル効果で、便秘をより効果的に解消することができます。

グルコマンナンでより満腹感を

水溶性食物繊維が膨らむことで、満腹中枢が刺激され食欲を抑えるのも青汁ダイエットの効果の一つです。通常のものよりもさらに満腹中枢を刺激するのがグルコマンナン配合の青汁です。

グルコマンナンは胃の中で水分を吸収し、数十倍にも膨らみます。そのため、青汁を一杯飲むだけで十分に満腹感を得ることができるので、置き換えダイエット、ファスティングにも最適です。

Lカルニチンで脂肪燃焼をサポート

糖質や脂肪をエネルギーに変えるビタミンやミネラルが豊富に含まれる青汁に燃焼系成分のLカルニチンをプラスした商品もあります。

Lカルニチンは体に溜まっている脂肪を燃焼するために欠かすことができない成分です。燃焼効果が高いことから、Lカルニチンを主成分としたダイエットサプリメントも多く販売されています。

Lカルニチンによって脂肪燃焼効果がアップした青汁を選べば、これまでと同様の食生活でも自然と理想のスタイルに近づいていくことができるでしょう。

以上のように、青汁本来の効果にプラスして、ダイエットをサポートする成分が配合されたものが多くあります。ダイエットに特化した青汁を選べば、より確実な結果を得ることができるはずです。

青汁はいつ飲むのが効果的か?

青汁は飲むタイミングによって得られる効果に違いがあります。飲むタイミングと効果の関連性について知っておきましょう。

目的に合わせて飲むタイミングを決める

青汁のダイエット効果をより実感するためには、飲むタイミングも非常に大事です。最適なタイミングとはいつでしょうか。

朝に青汁を飲む

便秘を解消して無駄なもの溜め込まない体を目指す方は朝起きてすぐに青汁を飲むのがいいでしょう。

朝起きたときに青汁を飲めば、腸が刺激され活発に動きます。また、睡眠中に多量の汗をかき、エネルギーを消費した体は栄養分を吸収しやすい状態になっています。そのため便秘解消に効果がある食物繊維を効率良く体に摂り入れることができるのです。

老廃物を溜めることなく、毎日スッキリと排出できれば自然とスリムなスタイルに近づいていくことができるでしょう。

夕食前に飲む

食事の量を抑えたい、余分な体脂肪を体につけたくないという方は夕食前に青汁を飲むのがいいでしょう。

青汁には水分を吸収して膨らむ水溶性食物繊維が豊富に含まれています。食事前に青汁を飲むことで、満腹中枢が刺激されて食事の量を自然と減らすことができます。また、糖質や脂肪をエネルギーに変えてくれるビタミンやミネラルが含まれているので、糖質や脂肪が必要以上に体に溜まることを防いでくれます。

一日の中で最も食べる量が増えるのは夕食です。夕食の量、糖質や脂肪の吸収を抑えることができれば、ダイエット効果も大きくなります。

眠る前に飲む

朝に飲むのと同様に、就寝前に飲むのも便秘解消に効果的です。眠っている間に腸が働きスッキリと排出されやすい便が作られるからです。

ただ、就寝直前に青汁を飲むことは避けたほうがいいでしょう。食物繊維は消化に時間がかかるため、胃が活発に働いて、寝付きが悪くなる、眠りが浅くなるといったことが起こるからです。最低でも就寝前の2時間前には飲んでおきましょう。

青汁は薬とは違い、基本的にはいつ飲んでも問題はありません。ですが、先ほど説明したとおり、飲むタイミングで得られるダイエット効果に違いが出ます。どの効果を最も重視するかを考えて飲むタイミングを決めましょう。

美しく健康的に痩せるには青汁が一番

青汁は飲めばすぐに痩せることができるものではりません。ですが、世間で広く行われているダイエットとは違い、健康的でキレイに痩せることができます。

青汁ダイエットは自分の生活や体質、生活によって取り組み方を変えることもできます。さらに、青汁の種類も豊富で好きなものを選ぶことも可能です。

青汁を使った1食置き換えダイエットを行えば一週間ほどで効果も出やすいのですが、無理をせずに痩せるという理想のダイエットをしたい方は長期的な視野で青汁を生活に取り入れてみるといいでしょう。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ