脂肪を燃やす!青汁に含まれる難消化性デキストリンの特徴と効果

青汁 難消化性デキストリン

トクホのパッケージで「難消化性デキストリン」という成分表示を見たことはありませんか?トクホの3割に使われる人気の高い健康成分なんですよ。

「おなかの調子を整える」として青汁にも配合されています。難消化性デキストリンとは、どのような健康効果があるのか、チェックしてみましょう。

難消化性デキストリンとは

6-051-脂肪を燃やす!青汁に含まれる難消化性デキストリンの特徴と効果01

難消化性デキストリンは、天然のデンプンから作られた水溶性食物繊維です。消化されにくく、腸へそのまま送りこまれる性質と水溶性食物繊維特有の粘着性によって、体にさまざまな作用をもたらします。

食物繊維としての健康効果が高く、安全性も高いことから、トクホ(特定保健用食品)の成分にも認定されています。

難消化性デキストリンの健康効果

難消化性デキストリンには次のような効果があります。

  • 血糖値の抑制…糖の吸収をゆるやかにして食後の血糖値上昇を防ぐ
  • 中性脂肪・コレステロールの抑制…脂肪やコレステロールを吸着して便と一緒に排出する
  • 腸内環境の改善…腸に送られ善玉菌を増やす
  • 便秘・下痢の予防…便の水分を調整し、便通を整える
  • ミネラルの吸収促進…他の食物繊維と異なり、腸でのミネラル吸収を促す作用がある

難消化性デキストリンを補うには

6-051-脂肪を燃やす!青汁に含まれる難消化性デキストリンの特徴と効果02

難消化性デキストリンは、栄養補助食品や特定健康用食品に配合されています。

危険性のないことから摂取量の上限は特に定められていません。目安としては、1日に5~10gほど、コレステロールや中性脂肪の抑制を期待するならば、1日に10~30gほど摂るのが良いでしょう。

ただし、人によってはお腹がゆるくなる場合もあるので、便通に合わせて増減するようにしましょう。

トクホの青汁からしっかり補えます

6-051-脂肪を燃やす!青汁に含まれる難消化性デキストリンの特徴と効果03

青汁はもともと食物繊維の豊富な食品ですが、さらに食物繊維の効果を実感したい人は青汁に含まれている難消化性デキストリン配合のものを補うと良いでしょう。

日本人は平均して、1日に2~3gほど食物繊維が不足している傾向にあります。難消化性デキストリン配合の青汁を1日1杯以上飲むことで、不足している食物繊維が簡単に補えます。含有量はメーカーによって異なるので、商品情報をチェックしてみてくださいね。

難消化性デキストリン配合の青汁には、腸内環境の改善によってビタミンやミネラルの吸収が良くなるという相乗効果もあります。興味のある人は試してみて下さいね!

食事中に飲めば効果大!難消化性デキストリン配合のトクホ青汁

ヘルスマネージ大麦若葉青汁

血糖値の上昇を抑える!
大正製薬のトクホ青汁

大正製薬が販売している「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」は血糖値の上昇を抑えるために作られた特定保健用食品の青汁です。

血糖値が気になる人に効果があるのはもちろん、抹茶や緑茶を配合しているのでお茶のような飲みやすさ。そして、食物繊維や葉酸、鉄分などもしっかり補うことのできる栄養価の高い青汁です。

人気の青汁ランキング!あなたにおすすめの青汁はこちらから(←)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ