朝スッキリ快便!青汁に含まれるビフィズス菌の特徴と効果

青汁 ビフィズス菌

ヨーグルトや乳酸菌飲料などに含まれているビフィズス菌。効果として、腸内環境を整え、便秘解消効果、免疫力を向上してくれる細菌です。

ビフィズス菌が腸内にたくさんいることは、おなかの健康を守るためにも欠かせません。ところで、体内にはどれぐらいのビフィズス菌が存在しているのか、あなたは知っていますか?

実は、生後1週間の赤ちゃんの腸内は、なんと95%以上がビフィズス菌!しかし、年齢を重ねるにつれ、ビフィズス菌の数というのは減少していきます。そして、高齢になると体内で活動しているビフィズス菌は、わずか1%未満になってしまいます。

ビフィズス菌を増やして、腸内環境を整えるためにも、ヨーグルトや乳酸菌飲料を毎日飲むようにするのが良いでしょう。また、青汁と一緒に摂ることで、腸内にどんどんビフィズス菌が増えていきますよ。

なぜ、青汁と一緒に摂ると効果的なのか、詳しく見ていきましょう!

あなたのお腹を守るビフィズス菌とは

6-014-朝スッキリ快便!青汁に含まれるビフィズス菌の特徴と効果01

ビフィズス菌は生物の腸内に存在している微生物。乳酸菌と共に善玉菌として、お腹の健康を守っています。

ヨーグルトでおなじみのビフィズス菌と乳酸菌はよく似ていますが、生物学上では別のものに分類され、次のような違いがあります。

  • ビフィズス菌…乳酸と酢酸を作り出す菌のこと。大腸に存在する。
  • 乳酸菌…乳酸のみを作り出す菌のこと。体のさまざまな場所に存在する。

そして、ビフィズス菌は、善玉菌の中でも主要な菌の1つ。腸内環境の良し悪しは、このビフィズス菌の量で決まると言っても過言ではありません。

ビフィズス菌を摂ることで得られる健康効果

6-014-朝スッキリ快便!青汁に含まれるビフィズス菌の特徴と効果02

ビフィズス菌には次のような健康効果があります。

  • 腸内環境の改善…酢酸の強力な殺菌作用で悪玉菌や病原菌を死滅させる

  • 便秘予防…酸が腸を刺激してぜん動を促進し、便通をスムーズにする

  • 花粉症・アトピーの改善…免疫機能を高めてアレルギーを抑える

  • 動脈硬化予防…コレステロール値を抑え、血管の健康を守る

  • 出血性疾患の改善…止血作用を持つビタミンKの合成を促す

  • 美肌効果…肌の炎症をしずめるビタミンB群の合成を促す

体内でしっかりビフィズス菌を補うには

ビフィズス菌は加齢や不規則な食生活で減ってしまう菌。腸内のビフィズス菌を増やすなら、食品からプロバイオティクス(生きたビフィズス菌)を取り込むのが効果的。

ビフィズス菌はヨーグルト、乳酸菌飲料、サプリメントから摂ることができます。ただしビフィズス菌が含まれていないものもあるので、パッケージに「ビフィズス菌」または「プロバイオティクス」と表記されている物を選びましょう。

併せて善玉菌のエサとなるオリゴ糖(ハチミツ、大豆)、食物繊維(野菜、海藻、きのこ)を摂るとさらに効果が高まります。

ビフィズス菌入りの青汁がおすすめ

6-014-朝スッキリ快便!青汁に含まれるビフィズス菌の特徴と効果03

腸内環境を改善するなら、食物繊維の豊富な青汁とビフィズス菌を毎日摂るのがおすすめ。青汁の中には、乳酸菌やビフィズス菌を配合したものもあります。

これなら、ビフィズス菌の入った食品を探す手間もなく、効果も高まるので一石二鳥。特に、ビフィズス菌入りの青汁はお腹の調子が気になる人におすすめですよ。

乳酸菌や酵素を配合した栄養価の高い青汁を紹介!現役栄養士おすすめ第一位はこちら!(←)から商品の比較や口コミ情報、人気の青汁をランキング形式で確認することができます。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ