便秘に効く青汁ランキング

便秘が3日以上続いてる、妊娠してから便秘になった、お腹が常に張っている、そんな頑固な便秘でお悩みの女性必見!便秘解消に効果的な食物繊維や乳酸菌を多く含んだ青汁を紹介。万年便秘で悩んでいた女性も青汁を飲み続けることで感じられる朝のスッキリ具合に驚くこと間違いなしです!

ふるさと青汁(マイケア)

ふるさと青汁
価格 1杯あたり約78円
主な原材料 明日葉、大麦若葉、桑の葉
内容量 30包入り(1ヶ月分)+14包プレゼント

  • お腹の調子を整えて便秘解消にも効果的な食物繊維をたっぷり配合
  • 明日葉に含まれる食物繊維はセロリの3倍!便秘が原因の肥満にも効果抜群
  • ポッコリお腹もすっきり。貯めこまずにどっさりを実感できるお掃除青汁

むくみ・ぽっこりサヨナラ!カラダに溜まる老廃物もスッキリ!デトックス系青汁

ふるさと青汁の主原料となっている明日葉は様々な栄養が含まれている緑黄色野菜です。中でも明日葉特有の有効成分カルコンは体内に溜まる老廃物を体外に排出する働きがあり、デトックス効果も抜群。

また、ふるさと青汁にはカリウムも多く含まれているのでカラダの中に溜まった水分もスッキリ。むくみ解消にも効果的。今なら全額返金保証付き+2週間分の増量キャンペーンを実施中です。

※Web申込限定で2週間分のお試しサンプルが付いてきます。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ(コーワ)

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ
価格 1本あたり約72円
主な原材料 黒糖、ココナッツの花蜜、クマイザサ粉末、寒天、抹茶
内容量 30包入り(約1ヶ月分)

  • 美容効果の高いヒアルロン酸や食物繊維を配合した女性に人気の青汁
  • 新感覚ゼリータイプの青汁!抹茶と黒糖入りでとっても美味しい
  • 便秘解消に効果的な寒天や乳酸菌を配合した女性におすすめの青汁

食物繊維や約40種類の植物発酵エキスに加え100億個の乳酸菌まで配合した新感覚ゼリータイプの青汁!

バンテリンやキャベジンなど数多くのヒット商品を手掛けてきた興和新薬が2015年10月より「ゼリータイプ」の青汁を販売しました。

食物繊維の豊富なクマイザサや寒天に加え緑黄色野菜の明日葉やケールなど約40種類の植物を発酵させたエキスも含まれています。

さらに、女性には嬉しいヒアルロン酸や乳酸菌まで配合された美容効果の高い青汁。味に関しても抹茶や黒糖が含まれているので青臭さや渋みなども感じません。

飲みごたえ野菜青汁(エバーライフ)

飲みごたえ野菜青汁
価格 1杯あたり約92円
主な原材料 大麦若葉、きな粉、米粉、黒糖、抹茶
内容量 60包入り(約2ヶ月分)

  • ヒアルロン酸やローヤルゼリーなど美容効果の高い成分を配合!
  • 30品目に及ぶ素材を配合!毎日の野菜不足をしっかり補える
  • 抹茶や黒糖などを配合しているからとっても飲みやすくて美味しい♪

30品目の素材に加えヒアルロン酸やローヤルゼリーなど女性にうれしい美容効果の高い成分も配合された青汁

エバーライフから発売されている「飲みごたえ野菜青汁」はケールや小松菜といった栄養価の高い野菜に加え、イモ類や豆類など30品目にも及ぶ健康食材も使った贅沢な青汁です。

また、野菜の栄養にプラスして女性にはうれしい美肌効果の高い「ヒアルロン酸」や「ローヤルゼリー」などキレイになれる成分が配合されています。

配合されている30品目の素材はすべて国産素材、また、抹茶や米粉、黒糖やきなこといったほんのり甘みのある素材も含まれており、青汁の渋みや苦味、青臭さも感じずに飲める美味しい青汁です。

健康道場 粉末青汁(サンスター)

健康道場 粉末青汁
価格 1杯あたり約150円
主な原材料 ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ
内容量 30包入り(約1ヶ月分)

  • 1杯で野菜約100g分が補える!毎日の野菜不足を補うのにおすすめ!
  • 添加物一切不使用!国内で採れる野菜だけを厳選して作った青汁です
  • 国産野菜だけを100%使用!素材にこだわったサンスターの青汁

1杯で100グラム分の野菜が摂れる!国産野菜だけを使ったサンスターこだわりの青汁

健康道場「粉末青汁」は歯ブラシや歯磨き粉など様々な日用品を販売しているサンスター社の青汁です。配合されている5種類の野菜(ブロッコリー・ケール・大麦若葉・明日葉・モロヘイヤ)はすべて国内で採れたものだけを厳選して使用。

サンスターの粉末青汁で使っている野菜は緑黄色野菜の中でも非常に栄養価が高く、1杯飲めば約100グラム分の野菜の栄養が補えるほど。

また、サンスターがこだわっているのは品質の良さだけではなく、安全性に優れているのも特徴的。保存料や着色料などの添加物を一切使っていないのはもちろんのこと、水に溶けやすくするために使うデンプンなどの「つなぎ」も一切使用せずに作っています。

今まで飲んだ青汁では満足できなかった人、日々の野菜不足を感じている人。添加物を一切使用せず、国産野菜だけで作った青汁を飲みたい人にサンスターの粉末青汁はとってもおすすめ。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁(大正製薬)

大麦若葉青汁
価格 1杯あたり約33円
主な原材料 水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)、大麦若葉末、抹茶、緑茶抽出物
内容量 30包入り(約1ヶ月分)

  • 血糖値が気になる人におすすめ!特定保健用食品(トクホ)の青汁
  • 緑茶味だから毎日続けやすい!飲みやすくて美味しい人気の青汁
  • 1杯あたり約33円。1ヶ月分が今なら1000円で購入できます

1包に含まれる食物繊維5.9g!1杯でレタス2個分以上の食物繊維が補えるトクホの青汁

ヘルスマネージ大麦若葉青汁は大手製薬メーカ「大正製薬」が販売しているトクホ(特定保健用食品)の青汁です。難消化性デキストリン(食物繊維)を1包あたり5.9g配合しているので、便秘解消にピッタリ。

もちろん、便秘解消だけでなく、食後の急激な血糖値の上昇や中性脂肪もしっかり抑えます。また、原料に使う大麦若葉は国産無農薬「有機大麦若葉」を使用。お茶のような飲みやすさと美味しさは青汁を飲んでいるという感覚を忘れてしまうほど。

便秘気味で困っているという人や血糖値が気になる人におすすめのヘルスマネージ大麦若葉青汁。いま定期購入で商品を注文すると、初回1000円で購入できるキャンペーンを行っています。

ステラの贅沢青汁(ステラ漢方)

ステラの贅沢青汁
価格 1回あたり約30円(1日3粒)
主な原材料 クロレラ、ケール、長命草
内容量 1袋90粒入り(10日間~1ヶ月分)

  • 便秘解消に効果的な食物繊維や葉緑素がたっぷり。毎朝のどっさりに役立つ
  • ビタミンやミネラル・アミノ酸をたっぷり配合した粒タイプの青汁
  • 500を超える素材の中から厳選された3種類の国産素材だけを使用しています

500を超える素材の中から厳選した3種類の素材を使用!便秘で悩んでいる人に飲んでもらいたい便秘解消タブレット青汁

2年に及ぶ歳月と500を超える素材から選び抜かれた「クロレラ・ケール・長命草」3種類の素材だけで作ったステラの贅沢青汁。便秘の解消やダイエット効果を実感できる青汁として非常に人気が高く、実感率・リピート率は90%以上!

また、粒タイプの青汁なので粉末青汁のような飲みにくさがなく、青汁が苦手な人、野菜嫌いの人でも安心して飲めます。3種類の素材を高濃度で配合した贅沢な青汁、今なら、なんと!80%OFFで購入可能!

女性の3人に2人は便秘気味!?便秘に効く青汁とは

日々の生活習慣やストレス、食事制限によるダイエットや運動不足、野菜不足によって便秘になってしまうことがあります。そして、男性よりも女性の方が圧倒的に便秘になりやすい人が多く、女性の3人に2人は便秘と言われています。

また、女性だけでなく、赤ちゃんや子供でも便秘になってしまう場合もあるのですが、便秘を解消するためにはどのような方法を行うとよいのでしょうか。

食事で摂ると良いのはヨーグルトやチーズ、牛乳などの乳製品、緑黄色野菜やサラダ(キャベツやレタス)、ドライフルーツや果物(バナナやリンゴ)、野菜ジュースや青汁など野菜や果物を搾った飲み物などが便秘解消には良いとされています。

中でも青汁は便秘解消に効果的な食物繊維がたっぷり入った健康ドリンクです。

飲むだけで便秘解消!青汁でぽっこりお腹がすっきり♪

あなたは毎日お通じがありますか?お通じがあると気持ちもお腹も軽くなって、気持ちよく過ごせます。

一方で、お腹が張ったり肌の調子が悪かったりすることが多い便秘の人はなかなか気分爽快とは言えませんよね。便秘は肌荒れや体調不良も招きますので美容・健康上でも悩みがちです。

そんな便秘にお悩みの人におすすめなのが青汁です。青汁には便秘解消に効果のある食物繊維、ビタミン、ミネラルがとっても豊富!

特に食物繊維は便秘解消に速効性がありますので、便秘に悩んでいる人はためしてみてください。また、長期的に飲み続けると青汁の栄養素でお通じが来やすい体質になれますよ。

青汁を毎日飲んで便秘知らずになりましょう!

なぜ便秘に効くの?青汁の便秘解消効果

青汁は野菜をたっぷり使っているので野菜に含まれている食物繊維を一緒に摂ることができます。実は食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類が存在します。

水溶性の食物繊維は水に比較的溶けやすい食物繊維で昆布やこんにゃく、わかめなどに多く含まれています。水溶性食物繊維の特徴としては水に溶けるとネバネバしたゲル状となり、粘着性が高く、胃や腸の中をゆっくり移動していきます。

移動する際に水溶性食物繊維は食べたものを包み込む働きがあり、糖質や脂質、コレステロールなどの吸収を抑えます。また、水溶性の食物繊維は発酵性が高く、大腸内で発酵・分解されます。

発酵・分解した食物繊維は腸内細菌(ビフィズス菌や乳酸菌)のエサとなるので善玉菌が増え、腸内環境を整えます。腸内環境が整うことで便秘が解消されやすくなるのです。

便秘解消効果の高い水溶性食物繊維ですが、青汁にも「難消化性デキストリン」というトウモロコシやジャガイモから作られる水溶性食物繊維を配合しているものが非常に多く、補うことが可能。

また、難消化性デキストリンは天然成分で安全なだけでなく、血糖値を下げたり、肥満を防いだり、整腸作用やミネラルの吸収促進作用があることも証明されています。

対して不溶性の食物繊維は野菜や穀類などに多く含まれており、水に溶けにくい食物繊維となっています。そのため不溶性食物繊維は水溶性食物繊維とは違い水に溶けず、水分を吸収して膨らみます。

大きく膨らんだ食物繊維はお腹を刺激して腸内のぜん動運動を活発にします。ぜん動運動が活発になることで、排便を促し便秘を解消します。

また、不溶性食物繊維は腸内で溜まる有害な物質に吸着します。吸着した物質は体外に排出され腸内環境を整えます。

老廃物や有害物質は腸内環境を悪くする一因ですので、このデトックスによって腸内環境が改善され、便秘が解消される効果もあるのです。

ただし、不溶性食物繊維は水分を吸収する力が強いため便が水分不足になってかえって便秘になってしまうことがあります。対策として多めに水をとると良いでしょう。

ちなみに、青汁は野菜の絞り汁なので不溶性食物繊維が多く含まれています。便秘解消目的で青汁を飲むのであれば、おすすめしたいのは難消化性デキストリンがたっぷり含まれた青汁です。

青汁(野菜)に含まれる不溶性食物繊維と難消化性デキストリンの水溶性食物繊維を両方補うことができるので、便秘解消にとっても効果的。

青汁以外に便秘解消効果の高い飲み物とは?

便秘解消に効果のある飲み物はさまざまです。たとえば、次のような飲み物があります。

・水(白湯)…便秘になる原因には水分不足があります。日常的に水を飲む習慣がないと腸の中で便が固くなってしまいどんどん出づらくなるのです。

「起きてすぐコップ一杯の水を飲むとお通じが良くなる」という言葉を聞いたことはありませんか?水を飲むことで胃腸を刺激し、便を柔らかくしてお通じを良くします。

一日1リットルから2リットルほど意識して飲むようにするとかなり効果が高まるでしょう。また、水を沸かしただけの白湯は体を温める効果もあります。起き抜けに白湯を一杯飲むだけでもお通じが良くなりますよ。

・お茶…水と同じく水分をとることで便を柔らかくします。また、緑茶やハーブティーにはビタミンCが多く含まれます。ビタミンCには乳酸菌やビフィズス菌といった腸内環境を整える菌を増やしたり、便を柔らかくしたりする効果があります。

特に緑茶はカテキンというポリフェノールが豊富!カテキンには殺菌作用があり腸内の悪玉菌と呼ばれる健康を阻害する菌を減少させてくれます。腸内環境が整うと腸の動きが活発になりお通じが来やすくなります。

ただし、緑茶にはカフェインも多く含まれますので、飲み過ぎると利尿作用が働いて腸内の水分を奪ってしまうこともあります。飲みすぎには注意しましょう。

・乳酸菌飲料…乳酸菌飲料とは牛乳を乳酸菌や酵母で発行させた飲料でヤクルト、カルピスなどの商品があります。このような乳酸菌の含まれる飲料には腸の善玉菌を増やして腸内環境を整える効果があり、便秘解消に役立ちます。

また乳酸菌飲料にはトクホ(特定保健用食品)という国から認められている効果の高い飲み物があり、通常のものより生きたまま腸に届く善玉菌の数が多く、より便秘解消効果が高いと言えます。

ただし、乳酸菌飲料は糖分が多いので大量に飲み続けると肥満につながりやすくなります。朝一杯飲むだけにするなど量を決めた方が良いでしょう。

・ココア…ココアには水に溶ける水溶性食物繊維が多く含まれています。水溶性食物繊維は便を柔らかくしたり便の滑りを良くしたりと、便を排出しやすくする効果に優れており、便秘解消に高い効果があります。

また、ココアにはカカオ・ポリフェノールという成分が含まれています。ポリフェノールと聞くとワインを思い浮かべるかもしれませんが、数千種類も存在し、いずれも抗酸化作用という細胞の酸化(老化)を防ぐ効果があります。

その抗酸化作用によって腸が活性化し、腸の動きが良くなることで便秘を解消することができるのです。カカオ・ポリフェノールには人をリラックスさせる効果もあります。体が緊張状態だと便秘になりやすいため、精神面での便秘解消効果もあるのです。

また、ココアに含まれるマグネシウムには便を柔らかくする効果があります。ただし、ココアは甘くして飲む人がほとんどですので、飲み過ぎるとカロリーが高くなるという注意点があります。

これ以外にも食物繊維が豊富に含まれているスムージーや善玉菌を増やす乳糖が含まれている牛乳など、便秘解消に有効な飲み物は多くあります。

これらの中でも、特にココアには便秘解消に非常に効果が高いと言われており、便秘で入院した際に出されることも多いそうです。

実は青汁はココア同様、食物繊維やマグネシウムが豊富に含まれています。しかも、ココアと比較すると食物繊維が多く含まれている上に、ビタミンCも豊富です。

また、青汁はカロリーがほとんどありません。つまり毎日飲んでも太る心配をする必要がなく便秘を解消してくれる可能性が高いのです。

それどころか青汁の原材料によっては高いダイエット効果を発揮するものもあります。※甘味料の含まれていない青汁の場合です。

青汁を飲み続けることで便秘を解消し、ぽっこり出ていたお腹がすっきりひきしまる、なんて効果もありますよ!

青汁に含まれる便秘解消に効果のある栄養素

便秘にはいろいろな理由がありますが、大きな原因としては腸の動きが鈍くなり便を押し出す力が弱まったことがあげられます。

では、なぜ腸の動きが鈍くなるかというと、運動不足、睡眠不足、食生活の乱れ、ストレス、日常的な水分不足などによって腸内環境が悪くなっていることが考えられます。

もちろん、適度な運動や睡眠をとるなどの対策は必要ですが、さらに青汁の次のような栄養素を摂取することによって体質が改善され、便秘解消の効果を高めることができます。

・ビタミンC
ビタミンCというと美白や風邪予防に効くというイメージかもしれませんが、腸内環境を良くするのに欠かせない栄養素です。

腸内にはビフィズス菌や乳酸菌などの体の調子を良くしてくれる善玉菌と、肌荒れや病気を引き起こす悪玉菌、そしてなにもしない日和見菌が存在します。

通常は日和見菌がもっとも多く、次に善玉菌、悪玉菌という順に数が多いのですが、体調を崩すと悪玉菌が増えて日和見菌も悪玉菌に変化してしまいます。

そうなると腸内の環境は一気に悪化!腸の動きが悪くなり、便がどんどんたまってしまいます。

しかしビタミンCは善玉菌の餌となって数を増やしてくれる効果があるのです。もし大量にビタミンCをとってしまっても体に害はありません。不要な分はそのまま排出されます。

また、腸はストレスの影響を受けやすく、ストレスを受け続けると腸の便を押し出す動き(蠕動運動)を狂わせてしまいます。

緊張すると下痢になりやすいという人は多いですが、あれはストレスによって腸が過敏になっているせいなのです。同じようにストレスによって便秘になってしまうこともよくあります。

実は、ビタミンCにはストレスに対抗する「抗ストレスホルモン」をつくる材料にもなります。ビタミンCにはストレスを和らげて便秘を解消する効果もあるのです。

・ビタミンE
抗酸化作用の強いビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれています。つまりビタミンEを摂ることで細胞が活性化し、腸の働きも活発になる効果があるのです。

また、ビタミンEは腸の蠕動運動を正常にする自律神経を整える効果があると言われています。

・クロロフィル
クロロフィルは葉緑素とも言います。植物や藻などの緑の色素で、光合成を行うのもクロロフィルです。もちろん、青汁の緑色はクロロフィルによるものです。

クロロフィルは胃腸内の壁に付着した老廃物や有害物質を体の外に排出する効果があります。食物繊維にも同じ効果がありますが、クロロフィルは食物繊維よりもさらに小さいため、胃腸のヒダの間まで潜り込んで掃除してくれるのです。

胃腸の壁にはりついていた老廃物や有害物質は腸の動きを鈍くするだけでなく栄養素の吸収も妨げるため、便秘によって引き起こされる肌荒れや病気をより悪化させます。

しかしクロロフィルによるデトックス効果によって腸内環境が改善され、腸の動きが活発化し便秘が解消されるのです。

・カルシウム
カルシウムは不足すると便秘になりやすい栄養素です。

たとえば、カルシウムというと骨や歯の材料になることで有名ですが、カルシウム不足で背骨にゆがみが生じることで腸が圧迫されて便秘になってしまうことがあります。

また、カルシウムは神経伝達に必要な栄養素でもあります。自律神経を整え、精神を安定させる効果があり、不足するとイライラしやすくなるのです。このイライラは腸の働きを鈍らせて便秘を引き起こします。

一方で、カルシウムは摂りすぎても便秘になってしまうことがある、少々厄介な面もあります。

カルシウムを摂りすぎた場合や体内でカルシウムの吸収率が悪いと、消化されず大腸まで残ってしまい、カルシウムが水分を吸収してしまうのです。こうなると便が水分不足になって排出されづらくなり便秘になってしまいます。

対策としてカルシウムの吸収率を高めるビタミンKやビタミンDを一緒にとると良いでしょう。青汁には両方含まれていますので、一杯飲むだけでカルシウムの吸収が高められます。

また、青汁以外にサプリメントなどでカルシウムを補給している、という方は水分を多く飲んだり、サプリメントを中断したりするなどの対処をとりましょう。

・マグネシウム
マグネシウムは便秘薬として使われることもあるほど便秘解消に効果があります。

マグネシウムは多めに摂取すると胃や小腸で吸収されきらず、大腸まで残って水分を引き寄せる働きがあるのです。つまり便を柔らかくし排出しやすくしてくれるというわけですね。

また、便秘解消には消化酵素の働きが欠かせません。消化酵素は食べたものを分解し、消化吸収させる働きを持っています。

この消化吸収が十分でないと消化されなかったタンパク質などが腸内で悪玉菌の餌になり便秘を引き起こしてしまうのです。

実はマグネシウムは酵素の働きに欠かせない栄養素です。消化酵素が働くときにも当然マグネシウムが使われます。

マグネシウムが不足するとも神経伝達やホルモン分泌の異常があらわれやすくなり、便秘が悪化しがちですので注意が必要です。

便秘解消による美肌・健康効果とは

実は便秘は万病の元!放っておくと健康を損ない、肌荒れや老化などの美容上の不調も招いてしまいます。

便秘の定義としては長期間便が出ていない、出ていても便の量が少なくてすっきりしない、便が固くてなかなか出ないと感じていることです。このような状態が続いている人は早めに便秘解消対策をしましょう!

それでは便秘を解消すると美容や健康にどのような効果があるか、詳しく見ていきましょう。

・便秘解消は美肌とダイエットに効果的!
便秘は肌荒れや肥満と密接に関係しています。

便秘とは腸内に便が留まったまま長期間経過している状態です。長期間排出されなかった便は徐々に腐り始め、悪臭を放ちながら有害物質やガスを腸内にまき散らして悪玉菌を増やします。

この有害物質やガスといった毒素は血液に流れ込み全身を回ります。毒素は最終的に汗や皮脂と一緒に排出されますが、そのせいで肌が本来排出しようとしていた汚れや水分が排出されないまま肌細胞内に留まってしまうのです。

こうなると吹き出物のような肌トラブルがあらわれやすくなってしまいます。

また、悪玉菌が増えて腸内環境が悪化すると自律神経が乱れやすくなります。自律神経には新陳代謝を促す働きがありますので代謝が落ちてしまいます。

代謝は細胞の生まれ変わりを促すので、代謝が落ちると肌細胞の生まれ変わりも乱れてしまうのです。

本来、肌は新しく生まれた肌が古くなった肌を押し出し、古い肌は垢になって落ちるため、常に新しく美しい肌が表面に出ているものです。

しかし、便秘が続き代謝が落ちることで古い肌が表面に残り続け、ごわごわした質感やシワやタルミが出るようになるのです。

このような症状は便秘が解消すると改善していきます。腸がきれいになることで血液もきれいになり、吹き出物や肌のくすみなどが出づらくなるからです。

また、腸内環境が改善されて代謝が良くなると、常に新しいプルプル肌が表面に出るようになる効果があります。

ほかにも、便秘は肥満も招きます。腸に留まった便によってお腹がぽっこりして見える……とお悩みの人も多いかもしれませんね。でも便秘による肥満はそれだけでは済まないのです。

腸に便が留まり続けると消化・吸収のスピードが遅くなります。つまり食べたものの栄養素をほとんど吸収してしまう、ということです。良いことのように感じますが便秘でない人よりカロリーの取りすぎになってしまいます。

また、便は食べ物から体に必要な栄養素や水分が吸収された後の残り物です。それらが腸に留まり続けると、余分な糖分や脂質を吸収し続けるため太りやすくなるのです。

さらに、便秘で代謝が落ちると説明しましたが、代謝が落ちると太りやすい体質になります。

代謝とはエネルギー(食べたもの)を消費して活動する力に変える働きがあるので、代謝が落ちると「エネルギー消費の力が落ちる=消費されなかったエネルギーが脂肪に変わってしまう」という状態になるのです。

しかし、便秘が解消して腸内環境が良くなると、髪や爪にツヤがでるようになり、代謝が高められて痩せやすくなります。もちろん、たまっていた便が出た分、ぽっこりお腹もすっきり!

・腸内環境を整えると病気予防に効果的!
免疫細胞の6~7割が腸にあることはご存じですか?実は腸は身体の中で最大の免疫機関になります。

そして、人の体でなんといっても外敵が入り込みやすいのは口!胃や腸は口から侵入した細菌やウイルスを向かい撃たなければならないのです

つまり、腸内環境を整えることは免疫力を高めることでもあるのです。便秘によって腸内環境が悪化すると免疫力が下がって風邪を引きやすくなるとも言われています。

また、花粉症やアレルギー性鼻炎などのアレルギー症状は免疫細胞が過剰反応することで起こります。ではなぜ、過剰反応するかというと次のような流れがあります。

①花粉やほこりなどのアレルゲンと呼ばれるアレルギー原因物質が侵入すると、異物と判断されてIgEという抗体が分泌され、アレルゲンを排除します。この状態ではアレルギー反応は起きません。

②IgEは次に備えてアレルゲンが入り込みやすい目や鼻に存在するマスト細胞と呼ばれる脂肪細胞に付着します。

③次にアレルゲンが侵入したとき、IgEがアレルゲンに反応すると、敵を追い出そうとマスト細胞からヒスタミンという化学物質が大量に放出されます。

③ヒスタミンによって血管が刺激され、炎症となって鼻水、目のかゆみなどとなります。

このヒスタミンの分泌量が多ければ多いほどアレルギー症状はひどくなるというわけです。これは本来敵ではないアレルゲンを「敵である」と判断する免疫システムの誤作動によって起こります。

ではなぜ免疫システムが誤作動を起こすかというと、免疫力の低下によって起こります。つまり腸内環境を良くして免疫力を高めることで免疫システムも正常になり、アレルギー反応が押さえられる効果が期待できます。

実際にマウスの実験で腸内細菌のバランスが崩れていると免疫系が過剰に反応したという研究結果があるそうです。

また、有毒物質や老廃物が体内に長時間留まる便秘は大腸ガンの危険性を高めます。有毒物質には発ガン物質も多く含まれていることが多く、特に便が直腸、結腸などに留まり続けることで直腸ガンや結腸ガンになりやすいといえるのです。

ほかにも、便秘は糖尿病や高血圧などの病気を引き起こすことがあります。

便秘で発生した有害物質は膵臓の機能を弱らせてしまう可能性があるのです。膵臓はインスリンという食事で摂取した糖質(ブドウ糖)を分解してエネルギーに変える働きがあります。

インスリンが不足すると糖質がエネルギーに変えられず血糖値が高くなって糖尿病を引き起こす可能性が高まります。

また、美容の項目で説明したとおり便秘は肥満を招きます。肥満は血管を圧迫し、血液中に脂質が増えるなどの理由で高血圧や脂質異常症、心筋梗塞、脳梗塞などさまざまな生活習慣病になりやすくなります。

しかし、便秘が解消されるとこのような症状も解消される可能性が高くなり、病気の予防や改善が期待できるのです。

さらに、青汁の原材料によっては糖尿病、高血圧、脂質異常症などを解消することが実験結果でわかっているものがあります。たとえば、明日葉という植物にはカルコンという固有のポリフェノールが含まれています。

カルコンの効能としてわかっているものだけでも老廃物を排出する、血液の流れを良くする、利尿作用、メタボリックシンドロームの予防・改善、脂肪燃焼作用、抗酸化作用などがあります。これらにより肥満解消に高い効果があると言われています。

また、桑の葉という植物にはデオキシノジリマイシン(DNJ)という成分が含まれており、糖尿病や高血圧の予防改善、中性脂肪・コレステロール値低下といった研究結果で注目を浴びています。

いずれの原材料も腸内環境を整える栄養素がたっぷり含まれていますので、もし便秘に悩んでいる上に肥満や血圧、血糖値が気になっているという人はこのような青汁を選ぶと良いでしょう。

便秘解消に効果的な青汁の飲み方について

青汁が便秘解消に効果があることがおわかりいただけたでしょうか?では、青汁の栄養素の働きをより高める飲み方をご紹介します!

・青汁をいつ飲むのが効果的?
青汁は基本的にいつ飲んでもかまいませんが、便秘解消の効果を高めるなら朝起きてすぐに飲みましょう。起きてすぐに水分をとると腸が刺激を受けて便意が起こりやすいのです。

また、飲んでから30分ほどで青汁の食物繊維も水を吸って膨らみ、腸を刺激します。青汁を飲んでから朝食をとると、膨らんだ食物繊維が満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防ぐ上に、腸がますます活発に動き、便意を促進させます。

一方、食後に青汁を飲んだ方が効果的な場合もあります。たとえばヨーグルトや乳酸菌飲料に混ぜて食べたり飲んだりする場合です。

含まれるビフィズス菌や乳酸菌は胃酸によって死滅させられてしまうことが多いのです。死滅した乳酸菌やビフィズス菌も善玉菌の餌となる効果はありますが、生きたまま腸に届いたほうが効果は高いと言えます。

しかし、食後の胃酸が少なくなっている状態で食べたり飲んだりすることで生きたまま腸に届き腸内環境を良くしてお通じが来やすくなるのです。

・便秘解消効果を上げる飲み方は?
青汁を水に溶いて飲むだけでも便秘に効果的ですが、さらに便秘解消効果を高めたいなら次のような飲み方が良いでしょう。

・ヨーグルト+オリゴ糖(または蜂蜜)+青汁
ヨーグルトにオリゴ糖や蜂蜜で甘みをつけて粉末青汁を混ぜるだけ!ヨーグルトと言えば乳酸菌が豊富で便秘解消してくれる食べ物として有名ですね。

さらにオリゴ糖は善玉菌の餌となる効果が、蜂蜜には整腸作用があるためヨーグルトの効果をさらに高めてくれます。そこに青汁の栄養素が加わることで便秘を解消しやすくしてくれます。

・牛乳+青汁
青汁と牛乳はとても相性の良い組み合わせです。牛乳には乳糖やオリゴ糖といった善玉菌の餌が含まれており、腸内環境の改善に優れた効果を発揮します。

また、牛乳と言えばカルシウム!カルシウムは精神を安定させたり、腸内の脂肪を吸着して腸をきれいにしたりする効果もあります。

しかも牛乳は青汁をまろやかな抹茶ミルクのような味にしてくれます。青汁は毎日飲まないと効果がありませんから、飲みやすい上に便秘解消効果をアップしてくれる牛乳は最適といって良いでしょう。

ただし、体質的に牛乳を飲むとお腹を壊しやすい、という人はたとえ便秘解消のためでもやめた方がよいでしょう。

下痢は一見便秘を解消してくれているように感じますが、体に合わないものを飲みつづけることで腸内環境が悪くなってしまう可能性が高いのです。

・牛乳+青汁+蜂蜜+レモン果汁
シェイカーに蜂蜜20ml、レモン果汁20 ml、牛乳150 ml、青汁粉末一袋を入れてシェイクするだけなので簡単です。

牛乳と蜂蜜の効果はもちろんですが、レモン果汁に含まれるビタミンCによって善玉菌を増やす効果がよりアップします。ビタミンCの美肌効果も追加されて、便秘解消と同時にツヤツヤお肌になれるかも!?

青汁は子供や便秘薬を服用している人が飲んでもいいの?注意点や副作用は?

青汁は野菜を粉末状にして飲みやすくした健康飲料ですので誰が飲んでも安全です。着色料や防腐剤などの添加物が配合されていない国産の青汁なら子供、高齢者、妊娠中の人が毎日飲み続けても問題ありません。

※特に妊娠中の人は完全無添加、国産、ノンカフェインなど青汁の成分を確認して飲みましょう。不安があるときは必ず医師の確認をとってください。

また天然成分で安全なものが配合されている青汁であれば神経質になる必要はないでしょう。むしろ、便秘解消目的で飲むのなら、水溶性食物繊維である難消化性デキストリンやオリゴ糖、乳酸菌配合の方が効果は高いといえます。

また、下剤を飲んでいる人が青汁を飲んでも副作用はありません。ただし、青汁の原材料の種類や配合されている栄養素によっては下剤と相性が悪いこともあり、かえって便秘が悪化したり下痢になったりしてしまう可能性も否定できません。特に医師の指示で下剤を飲んでいる人は確認をとった上で青汁を飲んだ方が良いでしょう。

便秘は自分では感じづらい不調から、お腹の突っ張りや肌荒れなどの分かりやすい不調までさまざまです。そのため、すぐに効果を出したくて下剤を飲む人も多いようです。

しかし、医師の指示を受けた上で飲んでいる人や緊急性がない限り、下剤はおすすめできません。

速効性はありますが薬の作用でむりやり出しているので、使い続けていると常習性で徐々に効き目が悪くなってしまう上に自力で排便する力が弱くなってしまうのです。

一方、青汁は薬ではありませんので、通常はすぐに効果は現れません。もちろん、食物繊維の効果ですぐに便秘が解消する人もいます。

しかし、基本的には野菜を飲んでいるのと変わりませんので少しずつ体質が変わり、代謝がアップする、腸内環境が良くなるなどの変化が起こることで自然と便秘が解消することを期待した方が良いでしょう。

薬には副作用もありますが、野菜である青汁には副作用を心配することなく飲み続けることができます。一日一回、自分の体が自然に便を出してくれる、というのは理想的だと思いませんか?

ただし、人よっては食物繊維が体質に合わずに一時的に便秘が悪化したり下痢になったりする人もいるかもしれません。

便秘がつらくて飲んだけど青汁が合わないのかも……と思ったときは飲むのをやめて医師の診察を受けるようにしましょう。

青汁の栄養素は腸内環境改善の強い味方!便秘をすっきり解消しよう!

いかがでしたか?青汁には食物繊維をはじめとした便秘を解消する効果のある栄養素がたっぷり含まれています。

何日もお通じがない……というのが続くと、お腹がぽっこりと張り出してしまう以外に肌荒れや病気を引き起こす原因にもなりかねません。

それほど重くない便秘なら、下剤に頼らず青汁を飲み続けて腸内環境を改善したり代謝をあげて腸の働きを活性化させたりする事で便秘を解消してしまいましょう!

便秘解消に青汁が一番おすすめな理由

また、ガンコな便秘で困っている人はイージーファイバーやヨーグルト、下剤などを使って便秘を改善しようとしますが、便秘解消で最もおすすめしたいのは青汁です。

青汁には食物繊維やオリゴ糖などお腹を整える栄養成分がたっぷり。野菜不足も補えるので便秘の人には一石三鳥な飲み物です。

青汁の種類によっては便秘によって上がってしまった血糖値や血圧、コレステロール値などを下げてくれるものもありますよ。

青汁を飲み続けてぽっこりお腹をすっきりさせてみませんか?

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ