吸収されてない!?青汁を飲むと緑色の便が出るのはコレが原因!

青汁 便の色

青汁を飲んでいると、緑色の便が出ることがあります。青汁を飲み始めた人の中には突然、緑色の便が出てビックリする人もいるんじゃないでしょうか。

もちろん、通常の便とは全く違う色なので不安に思いますよね。ただ、青汁を飲んで緑色の便が出ることは全く問題なし。

しかし、問題ないとわかっていても、なぜ緑色の便が出るのか気になるところですよね。そこで今回は、青汁を飲むと緑色の便になる原因についてくわしく説明したいと思います。

緑色の便は青汁のクロロフィル(葉緑素)が原因

2-017-吸収されてない!?青汁を飲むと緑色の便が出るのはコレが原因!01

青汁を飲むと緑色の便が出るのは青汁に含まれるクロロフィル(葉緑素)が原因です。葉緑素とは、植物が光合成で作る緑色の色素のこと。このクロロフィルが吸収されず便に混ざっているため、緑色に。

もちろん、クロロフィルの影響によって緑色の便が出るだけなので、青汁の栄養が吸収されずに全て体外に排出しているといった事はありません。

クロロフィルは体に吸収されなくて良いの?

クロロフィルは主成分であるマグネシウム以外、体内で吸収されない成分です。せっかく飲んだのに出ていってしまってはもったいない気がしますよね。

ですが、クロロフィルは吸収されなくてもしっかり身体の役に立っています。クロロフィルは体内に入り、胃でマグネシウムとほかの成分に分解されます。

そして、マグネシウムは体へ吸収され、残りの成分は吸収されずに小腸と大腸を通り、便に混ざって出ていきます。

この時、吸収されなかった成分は小腸と大腸の老廃物を吸着しながら通過していくため腸のデトックス効果があるのです。

クロロフィルの効能

2-017-吸収されてない!?青汁を飲むと緑色の便が出るのはコレが原因!02

そのほかにクロロフィルには次のような効能があります。

・血液中の老廃物をデトックスする
・コレステロール値を抑制し血液をサラサラにする
・抗酸化作用によって細胞の酸化を抑える
・赤血球と同じはたらきをし貧血を防ぐ
・消臭効果があり体臭・口臭・便臭を消す

抗酸化作用や血液サラサラ効果は生活習慣病やがんを予防します。

また、デトックス効果によって肌荒れの原因になる毒素が消え、美肌効果も期待できます。

クロロフィルが出てしまっても大丈夫

2-017-吸収されてない!?青汁を飲むと緑色の便が出るのはコレが原因!03

クロロフィルが影響しているとはいっても、青汁を飲みはじめて緑色の便が出るとしっかり栄養が吸収されていないのかなと思ってしまいますよね。

ただ上記でも説明したように、青汁に含まれるビタミンやミネラルは体内でしっかり吸収されているので安心して下さいね。

最後に、青汁を飲んだからといって、必ず緑色の便になる訳ではありません。緑色の便が出るのは青汁の量が多かった場合、体調や飲む時間帯が影響した、などの理由も考えられます。

もし、緑色の便が出て気になる人は、様子を見ながら飲む量やタイミングを調整してみて下さい。特に子どもは内臓の機能が未熟なので便の色が変わりやすく、飲み始めは少量からはじめてみるとよいでしょう。

今売れている人気の青汁をランキングで紹介。あなたにピッタリの青汁はこちらから上(↑)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ