青汁は朝食代わりになる?青汁を朝飲むことで得られる驚きの効果を徹底解説!

青汁 朝食

「朝は少しでも寝ていたいから朝食の時間がない」とか「朝は食欲がわかない」そのように思うことはありませんか?そんな思いから、朝食を抜いてしまうこともあるかもしれません。

そんな人におすすめなのが青汁です。青汁は短時間で必要な栄養をバランスよく摂ることができる優れものです。そして、青汁を飲むと冷えの緩和やダイエット効果、美肌効果などが期待でます。

今回は、忙しい朝にこそ青汁を飲むべき理由について説明します。

現代人は忙しい!そんな人には青汁がおすすめ

「朝は忙しくて食事の時間がない」「少しでも寝ていたい」「朝は食欲がない」そのようなことを皆さんも思ったことがあるでしょう。確かに忙しいために、おろそかになりやすいのが朝食です。ですが、朝食を抜くことには多くの危険性があります。

朝食を抜くと集中力が低下する?

人は1日に必要なエネルギーを朝食から摂っています。そのため、朝食を抜いてしまうとエネルギーが不足してしまいます。このエネルギー不足は、集中力や記憶力を低下させてしまうのです。

そして、エネルギー不足が慢性化すると免疫が低下し、風邪をひきやすく疲れやすい体質になってしまうのです。ですから、どんなに忙しくても朝食をとることは大切といえます。

短時間で必要な栄養が摂れる青汁は朝に最適

実際のところ、朝はゆっくり座って食べていられないのが現実です。朝食を簡単に済ませてしまうため栄養バランスが悪いと感じている人や朝食を抜いてしまう人も多いかもしれません。そんな人にお勧めなのが青汁。

溶かして飲むだけという5分足らずの時間で、1日のスタートに必要な栄養を全て摂取することができます。食事することを考えれば、30分近くの時間短縮も可能です。そのうえ、朝食をしっかり食べている人と変わらない、もしくはそれ以上の栄養を摂取することができるのです。

同じ飲み物なら青汁よりも野菜ジュースで栄養を補っているという人もいるかもしれません。ただ、野菜ジュースの場合、ビタミンなど熱に弱い栄養素は加熱処理によって失われている可能性があります。

その点青汁は、ビタミンなどの栄養が失われないよう、低温で原料を粉末化するスプレードライ製法などを用いて作られています。ですから、朝の短時間で栄養補給をしたい時は野菜ジュースよりも青汁が最適なのです。

忙しくておろそかになりがちな健康管理に朝の青汁

忙しくておろそかになりがちな健康管理に朝の青汁

青汁に多く含まれる食物繊維には糖質や脂肪の吸収を穏やかにし、コレステロールを体の外に出したり、血糖値の上昇を抑える働きが期待できます。また、カリウムはナトリウムを体外に排出することで高血圧の予防となります。

さらに、活性酸素の働きを抑えるSDO酵素やビタミン群が青汁には多く含まれています。活性酸素はコレステロールを酸化させ、動脈硬化の原因へと変化させる働きがあるのです。

ですから、その活性酸素の働きを抑える栄養素が含まれている青汁には動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果があるといえます。このように、生活習慣病を予防するために必要な栄養が青汁にはバランスよく含まれているのです。

忙しさゆえに栄養が偏ってしまっていると感じている人は青汁を朝飲むことで手軽に栄養を摂り入れて健康管理に役立てるのはいかがでしょうか。

朝食を抜くと太る!青汁はダイエットの味方

朝食を抜くと太る!青汁はダイエットの味方

私たちの体は1日のエネルギーを朝食から得ようとします。では、もし私たちが朝食をとらなかったらどうなるのでしょうか?朝食を取らなくてもよいよう、体はエネルギー源となるものを事前に蓄えようとします。

とくに、エネルギー源になりやすい脂肪は積極的に体に蓄えようとします。脂肪を蓄えた結果、私たちの体は太りやすくなってしまうのです。

ただ、青汁なら脂肪の吸収を抑えるという点でも役立ちます。朝食と同様の栄養を吸収することができるため、脂肪の蓄積を防ぐことができます。そのため、朝ご飯を食べる時間がないけどダイエットは頑張りたいという人に青汁は最適といえます。

朝の青汁で血液サラサラ!新陳代謝アップへ

朝の青汁で血液サラサラ!新陳代謝アップへ

私たちの体は寝ている間も水分やエネルギーを使っています。そのため、朝起きた時には体の中に不要な物がたまっており、水分も不足しているため血液がドロドロになっています。

そのような状況で、青汁を朝飲むと体の中に水分がいきわたり血液の流れが良くなります。血液の流れが良くなると体の体温が上がり代謝がアップします。そして、代謝が上がることで使用するエネルギー量も増え、痩せやすくくなるのです。

また、青汁に含まれているビタミンB6には脂肪の燃焼を促進する働きがあります。ですから、脂肪をエネルギーに変え、新陳代謝もアップすることでダイエット効果が期待できます。

朝の青汁で腸を元気に!便秘を解消

朝の青汁で腸を元気に!便秘を解消

便秘で困っている人は青汁を朝飲むのがおすすめです。青汁は食物繊維が多く含まれているため、腸内を刺激して活発に動くように働きかける効果が期待できます。刺激を受けた腸は蠕動運動が活発に行われ、体の中の余分な物を外に排出しようとします。

青汁によって便秘が解消されれば、余分な物をため込むことによる体重増加を防ぐことができます。また、便秘を解消することでポッコリお腹を予防することもできるのです。

みずみずしい肌が蘇る!青汁の驚くべき美容効果とは?

みずみずしい肌が蘇る!青汁の驚くべき美容効果とは?

青汁には多くのビタミンが含まれています。このビタミン群が美容には有効です。例えば、ビタミンAには肌の粘膜を保護する働きが期待できるため、肌の乾燥を予防するのに役立ちます。また、ビタミンCはコラーゲンの生成に関係する栄養素で、肌のシミやしわを予防する効果が期待できるのです。

さらに、ビタミンB群は脂質の代謝を促すことで、皮脂の過剰分泌を減らし、ニキビを防いでくれます。このように、青汁にはバランスよく美容効果のある栄養素が含まれているため、美肌効果が期待できるのです。

美容の敵!冷えを朝の青汁で撃退

美容の敵!冷えを朝の青汁で撃退

冷え性に悩む女性は多いかもしれません。実際に、冷えが原因で肌荒れや肩凝り、頭痛、生理不順といった体の不調を抱えることも少なくありません。冷え性の原因は様々ですが、栄養不良による冷え性の場合、青汁が効果的です。

青汁を飲むことで冷えを改善するのに役立つビタミンやミネラルを摂取することができます。中でも、ビタミンB群には代謝をアップさせ、血液をサラサラにすることで、体の体温をあげる効果が期待できます。血液がサラサラになり循環が良くなれば、手足の隅々の血流が良くなるので、冷えを解消することが可能です。

朝食に最適な青汁の選び方とは?目的別に紹介

朝食に最適な青汁の選び方とは?目的別に紹介

朝に飲む青汁として適しているのはどのような青汁なのでしょうか?青汁選びのポイントとしては以下のようなものがあります。

  • 合成添加物が使用されていないこと
  • 原産地が明記されており、安全に飲めるものであること
  • 自分の望む効果が得られる種類の青汁であること
  • 続けられる値段であること

これらの注意点を考えたうえで青汁を選ぶようにしましょう。原産地が記載されていないものには中国産などの原材料が使用されているなど、安全面で心配なものもあるので注意しましょう。

また、青汁は原材料により期待できる効果が異なる場合があります。例えば、ダイエットが主な目的なら明日葉が原材料の青汁がおすすめですし、便秘解消なら食物繊維が豊富な大麦若葉が原材料のものを選ぶとよいかもしれません。

このように、青汁は目的により選ぶほうがより効果を期待できるので、自分の目的と青汁の原材料が一致しているか購入前に確認しましょう。

栄養バランスを整えたいなら「大麦若葉青汁キトサン」

栄養の偏りが気になる人におすすめなのが大正製薬のヘルスマネージ 大麦若葉青汁<キトサン>です。キトサン青汁の主原料には、大麦若葉とキトサンが使われています。大麦若葉は青汁の原材料の中でも栄養バランスが整っており、味も飲みやすいのが特徴的。

大麦若葉に多い栄養素として、ビタミン類やミネラル類などが豊富に含まれています。また、食物繊維や鉄分は青汁の原料としてよく用いられるケールよりも多く含まれています。また、キトサン青汁に含まれるキトサンは不溶性食物繊維なので、便秘解消効果も期待できます。

そして、大正製薬のキトサン青汁は特定保健用食品としてコレステロール値の低下に効果があると認められた青汁です。そのため、コレステロール値が気になる人におすすめ。

もちろんコレステロール値をあまり気にしない人でも、キトサン青汁は栄養バランスに富んでおり、抹茶のような味わいで飲みやすく、朝食の栄養バランスを整えるのに最適な青汁といえます。

定価は4,104円(税込)ですが、定期購入で申し込むと初回のみ1,000円で購入することができるのでお得です。また、定期購入を希望しない場合は通販サイトでも購入が可能。ただし、定期的に飲む場合は初回安く買える公式サイトからの購入がおすすめです。

ダイエット中・朝食をとる時間のない人に「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」

朝食をとる時間のない人、置き換えダイエットを検討している人におすすめなのが「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」です。この青汁は、大麦若葉、クマザサ、明日葉を主な原材料として作られています。そのため、8種類のビタミンと9種類のミネラルがバランスよく含まれています。

また、この青汁には有胞子性乳酸菌が含まれており、腸内環境を整えることで便秘の解消や脂肪の吸収を抑える効果などが期待できます。

さらに、149種類以上の酵素も配合されており、年齢と共に低下する酵素を補ってくれます。酵素は消化吸収や代謝を促進させる働きがあるため、酵素を取り入れると代謝がアップし痩せやすい体質になります。

「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」は朝食を抜いてもきちんと栄養を摂取することができるので、ダイエットによる栄養の偏りも予防することができます。

また、味もさっぱりしていて飲みやすく作られています。通常価格は5,980円(税抜)ですが、定期コースの場合、初回は680円(税抜)、2回目以降も3,980円(税抜)での購入が可能です。

忙しい朝によくばりたい人には「極の青汁」

栄養補給、ダイエット、美容などどの分野でも効果を実感したいよくばりな人におすすめなのがサントリー「極の青汁」です。特定の分野に特化した青汁ではありませんが、バランスの良い配合で様々な効果を期待できます。

主原料には大麦若葉と明日葉を使っており、この2種類を組み合わせることで、ビタミンやミネラルが豊富に含まれた青汁になりました。また、極の青汁の特徴はサントリーが独自に開発したケルセチンプラスが含まれていることです。ケルセチンプラスは野菜などのポリフェノールを体に吸収しやすくする働きがあります。

ポリフェノールは脂肪の吸収を抑えたりするダイエット効果からメラニンの生成を抑えて美容効果が期待できるものまで様々。そのような効果が期待できるポリフェノールを体に取り入れやすくするケルセチンプラスが含まれているのは極の青汁だけ。ダイエット効果や美容効果など、どの分野も欲張りたい人におすすめの青汁といえます。

通販サイトでも取り扱いはありますが、公式サイトで購入するのが最もお得です。1箱(30包入り)3,600円(税抜)、定期購入の場合、3,240円(税抜)の送料無料で購入することができます。

生活習慣病の予防や美容効果が得られる朝の青汁!

生活習慣病の予防や美容効果が得られる朝の青汁!

青汁を朝食代わりに飲むことで、活動するために必要なエネルギーを確保し、脳を活性化させることができます。また、血液がサラサラになるので、動脈硬化などの生活習慣病の予防や代謝アップといったダイエット効果も期待できます。

さらに、青汁を飲むことで、栄養バランスが整えられ、必要なビタミン群もしっかり摂ることができるので美肌効果も期待できます。朝食をとる時間のない人や朝食を食べてはいるものの栄養バランスが気になる人はぜひ、朝の青汁を検討してみてください。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ