育毛や生殖機能の維持に効果的!青汁に含まれる亜鉛の特徴と効果

青汁 亜鉛

亜鉛というのは、体内にわずか2000mg(2グラム)しか含まれていません。しかし、亜鉛は身体のさまざまな所で活躍している、とても大事な栄養成分。普段の食生活だけでは、不足しやすい栄養素なので、しっかり栄養補助食品などで補いたい所ですね。

ただし、サプリメント等で亜鉛不足を補おうとしても、亜鉛は吸収率がとても悪いんです。なので、亜鉛不足を解消するためには亜鉛だけでなく、吸収率を高めるための栄養素を効率よく補う必要があります。

それでは、亜鉛と一緒に摂ると相乗効果の高い栄養素と亜鉛の特徴と効果について説明していきます。

亜鉛とは

6-047-育毛や生殖機能の維持に効果的!青汁に含まれる亜鉛の特徴と効果01

亜鉛は体内に含まれているミネラルの一種。全身の細胞に広く分布し、主に新陳代謝に必要な酵素の材料に使われていきます。男性は前立腺にも多く含まれます。

亜鉛は特に重要度の高いミネラル。もし欠乏すると、細胞の新陳代謝がスムーズに行われなくなるため、体のあらゆる機能が低下してしまいます。

亜鉛の効果

亜鉛には主に次のような効果があります。

  • 成長の促進…細胞分裂を促し、子どもの体を成長させる
  • 味覚の維持…舌にある味蕾(みらい)の新陳代謝を促し、敏感な味覚を保つ
  • 生殖機能の維持…ホルモンの分泌を高めたり精子の量を増やす作用がある
  • 抜け毛予防…髪の毛の栄養となるたんぱく質の生成を促す

亜鉛を補うには

6-047-育毛や生殖機能の維持に効果的!青汁に含まれる亜鉛の特徴と効果02

1日の摂取推奨量は成人男性11~12mg、成人女性9mgです。

亜鉛の多い食品(1食分)

  • 牡蠣(80g)…11mg
  • 肩牛肉(100g)…4.6mg
  • 豚レバー(50g)…3.5mg
  • たらばがに(70g)…3.4mg

亜鉛は吸収率がとても低い栄養素ですが、ビタミンB6、ビタミンCを一緒に摂ると効率良くはたらかせることができます。

サプリメントではなく食品から摂りたい亜鉛

6-047-育毛や生殖機能の維持に効果的!青汁に含まれる亜鉛の特徴と効果03

亜鉛は特に不足しやすい栄養素の一つ。成人男女とも平均して、摂取推奨量より2mgほど不足がみられます。通常の食事で補いにくい上に、吸収率の低い栄養素なので、食生活では亜鉛を取り込む工夫をしていかなければなりません。

そこで、亜鉛を補う一つの方法として青汁をおすすめしたいと思います。青汁には微量の亜鉛が含まれており、ビタミンB6、ビタミンCを同時に摂ることもできるのです。旬のある食品と異なり、いつでも手軽に利用できる点もメリット。

亜鉛の補給にサプリメントを利用する人も多いようですが、摂り過ぎによってほかのミネラルの吸収を阻害するおそれがあります。

青汁なら、安心して亜鉛を補うことができますよ。特に、亜鉛の不足しやすい男性に青汁を飲んでいただきたいと思います。

口コミでも話題の青汁を徹底比較!人気ランキング1位になった青汁はコレ(←)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ